はじめに

見落としてはいけないこと

中古品を買う場合、先ほどのチェックポイントは必須なのですが、それ以外で見落としてはいけないこともあります。

【洗濯表示】
これは洋服などにおいてですが、私自身が結構気にしています。新品の場合には、洗濯についてある程度表示されているのですが、個人が出品する中古品では書かれていないことが多いのです。でも自宅で洗濯ができるのか?クリーニングに出す場合は普通のコースで大丈夫なのか?など気になる点は意外と多いものです。特にクリーニングに関しては、ごく一般的なコースでいいのか、それとも特別なコースになるのかでクリーニングの料金が違います。買った後の維持費も含めて考えた場合、洗濯表示は意外と重要ですよ。

【付属品が揃っているか。足りないものがあるか】
付属品に関しては、なくても困らないこともあります。例えば家電の場合、箱や説明書などはなければないでどうにかなります。でもケーブルなどがないとちょっと困ってしまいますよね。またパズルやプラモデルなどもパーツがないとちょっと困ります。一方でレゴやちょっとした子どものおもちゃであれば、一部のパーツがなくてもあまり支障がないケースもあります。ないと困る付属品に関しては、有無を必ず確認しておきましょう。

【保存状態(場所など)】
保存状態というのは、商品をどうやって保存していたのか?ということを含みます。例えば本は日のあたる場所に置いておくと日焼けをしてしまいます。洋服なども湿気が多い場所での保管になると、カビや匂いが気になることもあるでしょう。また出品者の家でペットを飼っているとか、喫煙する人がいる場合には、住んでいる人が気づかない匂いなどがついていることもありますから、その点も聞いてみるといいかもしれません。

中古品を購入する以上、それにはなんらかのダメージがあると思っていいでしょう。しっかり確認せずに購入してしまうと、自分が思っていた物と違う!となる可能性も否定できません。出品者に確認するのは面倒なことかもしれませんが、自分のためだと思ってしっかり確認して納得した上で購入するようにしましょう。

matome

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ

この記事の感想を教えてください。