恋に落ちてデートしているだけではわからなかったお互いの生活意識。とくに一緒に住むと見えてくるのは金銭感覚の違いです。恋心も冷えてしまった彼との生活とは……。


どんどん好きになって一緒に住むように

出会って1ヵ月後には、ほぼ彼の家に帰るようになっていたというマリナさん(30歳)。

「出会いは偶然でした。仕事帰りにひとりで最終回の映画を観に行ったんです。観たかった映画だったし、想像以上によかったので、終わってからもすぐに立つ気になれなくて。ほとんどの人がいなくなったころ、ようやく立ったら、数席離れて座っていた男性も同時に立ち上がったんですよ。ふっと目が合って」

お互いに映画の余韻に浸っていたのでしょう、目を合わせて現実に戻った感じがしたといいます。

「いい映画でしたねって彼が言って、ずっと観たかったけど時間がなくて来られなくて、来てよかったですと私が言って。なんとなく『軽くそのへんで何か食べながら映画の話をしませんか』と誘われました。抵抗感はなかったですね」

映画館の近くのカジュアルなイタリアンレストランに入り、映画の話に没頭したそうです。ようやくお互いに「で、何してる人?」という話題になったのは、食事も終わったころのことで、ふたりで大笑い。今度は自己紹介がらみで話が弾み、気づけば終電がなくなっていました。

「彼は大企業に勤めていました。私は中堅ですけど、彼はうちの会社を知っていて『大きくはないけど、いい会社だよね』と。それがうれしかったです」

ふたりともひとり暮らしで、その繁華街からは帰る方向が同じでした。彼はタクシーで送ってくれたそうです。食事もごちそうになったため、彼女は気が引けてタクシー代を出そうとしましたが彼は受け取りませんでした。その代わり、明日、また会ってくれないかなと彼は言いました。

「映画の話もプライベートなことも、まだまだ話し足りない。私もそう思ったので、翌日もデート。この日は和食のステキなお店に連れていってくれました。私が払うつもりだったのにまたもごちそうになって」

彼は3歳年上の独身。それから毎日のように会ったそうです。高級なフレンチからガード下の屋台や老舗の居酒屋まで、彼はよく店を知っていて、すべて奢ってくれたそう。そして1ヵ月もしないうちに、彼女は彼のマンションに帰るようになりました。