日本におけるレクサスブランドの創業時から販売されている、スポーティFRセダン「IS」の新型が世界初公開されました。発売はまだ先ですが、見た目以上にその走りには多くのこだわりがあるようです。


実はマイナーチェンジ

今回公開されたISはクルマとしてはマイナーチェンジに該当します。「なんだ、マイナーチェンジか」と思われた人も多いかもしれません。しかしこれまで海外も含め20年以上にわたって累計109万台を販売してきた人気と実績は伊達ではありません。実際クルマのプラットフォームはこれまでと同じですが、デザインや先進安全装備、そして何よりもそのハンドリングから予想されるのは「フルモデルチェンジ並み」という仕上がりなのです。

全く新しいデザインはアグレッシブ

今回公開された情報は北米仕様のプロトタイプです

新型ISの写真を見る限りでは旧型とは大きく異なることがわかります。念のために現在販売されている写真も載せておきますがその差は歴然です。

2018年8月に発売されたIS350の特別仕様車です

デザイン上のコンセプトは“Agile(俊敏)& Provocative(挑発的)”。昨今発表になったばかりの新型ハリアーでもそうですが、SUVでも4ドアセダンでもそのスタイリングは「クーペ的」なエッジの利いたものになっているのがトレンドのひとつです。

ボディ寸法も現在販売されているモデルよりホイールベース以外は若干拡大されており、金属の持つ質感やシャープな造形。後述する新しいハンドリングに相応しいデザインとなっています。