コロナウイルスは、観光客やビジネスマンによって世界に拡散していきました。「旅人」がウイルスを運び、広めていったのですが、それはいまほどグローバル化が進んでいなかった時代も同様です。

古代からウイルスは人類とともに旅を繰り返すことで人間社会に広がり、たびたびパンデミックを起こしてきました。人の歴史は移動の歴史でもありますが、その旅には必ず感染症も「同行」していたのです。


家畜を飼い始めたときに天然痘は生まれた

人類初の感染症とも考えられているのが「天然痘」です。コロナと同様、飛沫感染や接触感染によってウイルスが広がる病気で、感染すると全身のほか内臓にも発疹が現れ、呼吸困難や高熱を引き起こし、死に至ります。20世紀だけでも3億人が命を落とした病です。

どうして天然痘が生まれたのか。それは人類の定住化が原因であるともいわれています。安定した食料生産ができるようになってから人は「我が家」をつくって定住をはじめたのですが、その食料をもたらしたのは「農耕」と、そして「牧畜」でした。

動物を飼いならし、生活のパートナーとする。それは人類史の中でもエポックメイキング的な出来事、大きな発明でしたが、同時に動物の病気が人間にもうつるようになります。およそ2~4万年前に犬を家畜化して以来、人類はさまざまな動物を手なずけてきましたが、天然痘のルーツになったのは、インドの牛であるとも中近東のラクダであるともいわれます。こうして人間と動物の生活圏が重なりあうようになりました。

天然痘はラクダ由来とも、牛由来ともいわれる

やがて家畜から人間の体内にウイルスが入り込み、変異を起こして、ヒト-ヒト感染を起こす危険な病気になったと考えられています。その代表が天然痘です。

当初は天然痘も、小さな集落内でときおり流行する程度のものだったようです。しかし、やがてそんな村同士の間を行き来する「旅」がはじまります。交易でした。「我が家」を離れて、互いの物産と情報、そしてマネーを持ち寄り、交換していく行為の中で、天然痘ウイルスもまた広がっていったのです。

古代都市で起きたパンデミック

「クラスター」となったのは現代と同様、都市でした。古代の西アジアでは交易による富が集積され、各所で都市が形作られていきました。そこは富を蓄えた権力者とその生活を支えるさまざまな人が暮らし、大きな市が立ち、不特定多数の人々が行きかう場所となっていたのです。農村部から旅を続けてきた天然痘ウイルスは、この都市で爆発的に拡散していきます。そして現代まで残る古代史の記録の中にも登場してくるようになるのです。

紀元前1800年頃に書かれたとされ「世界最古の文学」ともいわれる「ギルガメシュ叙事詩」には疫病の記述がありますが、これが天然痘ではないかという説もあります。紀元前1145年~1141年にエジプトを統治していたラムセス5世のミイラからは、天然痘の特徴である発疹が見つかっています。

古代オリエント世界で猛威を振るった天然痘は、やはり交易によって西へ西へと運ばれて、ギリシャ世界へと至ります。紀元前430年には古代ギリシアの都市国家アテナイ(アテネ)で疫病が大流行し、指導者である大政治家ペリクレスを含めて人口の1/3が失われます。歴史上初の大規模な「パンデミック」だといわれますが、これが天然痘だったという説があります。

当時の都市国家は城壁によって外界と隔てられ、その内部にはたくさんの人が暮らし、非常に「密」でした。ウイルスにとっては格好の巣だったのです。パンデミックによって国力を大きく削がれたアテナイは、同じく都市国家であるスパルタとの争いに敗れ、凋落していきます。感染症はついに、国家や戦争の行く末に関与しはじめたのです。