はじめに

JR東海の次世代新幹線標準車両「N700S」が運転開始

東海道新幹線の次世代新幹線標準車両として開発が進められてきた「N700S(Supreme)」が、2020年7月1日から東海道新幹線東京~新大阪間での運行を開始しました。外観は伝統を継承しつつ進化を遂げた装い、車内は上質な質感と機能美の融合を図った車両で、快適な乗り心地を実現。「S」は「Supreme(最高の)」の意味を表しています。

N700S

グリーン車では「ゆとりとプライベート感のある空間」、普通車では「機能的で快適な空間」をコンセプトに、快適性や機能性の向上を図った客室を提供。LED間接照明の採用により客室全体に暖かみのある光が均一に降り注ぎ、落ち着きのある雰囲気の中で過ごすことができます。大型のディスプレイ(従来比+50%)を採用して現在地・目的地が一目でわかる列車案内装置の設置や、全車両で無料Wi-Fiの提供、全座席(1323席)にモバイル用コンセントの搭載、手荷物の置忘れ防止をサポートする調光機能(駅停車前に荷棚を照らす)の設置など、徹底した機能性向上が図られています。

2

N700A

現在はN700Aに統一された東海道新幹線ですが、今後はN700Sの増備が進められますので、乗り心地が良くなった車両に乗車できる確率も高くなります。