夫の言動が原因となって離婚はしたものの、前夫と再会、そこから元の鞘に収まることは稀かもしれません。でも、夫が変わったことを実感できた女性は、再婚の道を選びました。


出世するたびに口が悪くなっていった夫

「結婚したときはいい人だったんですよ。仕事が厳しかったんでしょうか、出世していくに従って口が悪くなって。ストレスを全部私にぶつけていたのかもしれません」

そう言って苦笑するカオルさん(42歳)。13年前に友だちの飲み会で2歳年上の彼と知り合って、半年足らずの交際で結婚しました。

「すぐに子どもができました。年子だったので大変でしたね。夫は仕事に忙殺されていたので、私は今で言うワンオペ状態。それでも保育園に預けたり、近所のママ友に助けてもらったりしながら仕事も続けました」

夫はかなり優秀だったらしく、同期の間でも出世頭でした。その代わり、平日はほとんど終電、週末も上司のおつきあいでゴルフ。泊まりのこともありました。久しぶりに家にいるなと思うと、仕事がらみの勉強をしていたそう。努力の人だったことは確かです。

「たまには子どもたちをどこかに連れていってよと行っても、『無理-、ごめん』と。子どものことはかわいがっていましたけど、彼の頭の中は仕事だけだったんでしょうね。長男が数えで5歳のときに下の娘の3歳も一緒に七五三をしたんです。なのに夫は急な仕事で来られなくなった。さすがにこんなに仕事一筋で、子どもの成長も一緒に味わえないなんてと不満が募りました」

しかも出世するたびに、夫の態度は尊大になっていったそうです。七五三のことで夫に不平を言うと、「じゃあ、オレと同じだけ稼いでみてくれる?」と夫に見下されました。

「あの言葉は忘れられなかった。じゃあ、私と同じくらい子どもと関わってよと思いました。給料の多寡だけでそういうことを言うなんて信じられなかった」

時短で働いていたこともあって、確かにカオルさんの給料は夫にはとうてい及ばない額でしたが、彼女は夫の言葉にショックを受けました。
夫は息子の入学式にも来ず、翌年の娘の入学式にはほんの5分ほど顔を見せて慌ただしく仕事に行きました。完全にワーカホリックに陥っていたようです。

「あるとき息子がそのころ行っていたスイミングを辞めたいと言い出したんです。サッカーもやっていたので、どうしてもサッカー1本に絞りたくなったらしくて。それを聞いた夫、『スイミングにいくらかかったと思ってるんだ』と。途中で辞めることを諫めるならともかく、金の話かと私のほうが頭に来ちゃった。『そういう話じゃないでしょ』と言ったら、夫が『おまえら、誰のおかげでこんないいか生活ができると思ってるんだ』と。ああ、もうダメだなと思いました。それを言ったら終わりです」

彼女はその数日後、夫に離婚を申し出ました。すでにサインをした離婚届を取り出すと、夫は虚を突かれたように固まっていましたが、「養育費は出す」と絞り出すようなで言ったそうです。