はじめに

新型コロナウイルスにともなう緊急事態宣言が解除されて以降も、人混みを避け、不要な外出を控える生活を続けている方も多いと思います。外出の自粛等で自宅に籠りがちな日々が続いた方の中には、自身の運動不足がふだん以上に気になった方もいたのではないでしょうか。

そこで今回は、昨年11月にスポーツ庁が行った「スポーツの実施状況に関する世論調査」の結果から、身体面の運動不足についての意識に関する調査結果とともに、身体面の健康づくりを通じた精神面へのリフレッシュ効果について考えてみたいと思います。


ふだん運動不足を感じているミドル世代は8割超

今年2月に公表されたこの調査によると、ふだん運動不足を感じている人の割合(「大いに感じる」「ある程度感じる」の合計割合)は、ミドル世代では8割超を占めます(図表1)。

この調査が行われたのは、今回の新型コロナウイルス問題が広がる前の2019年11月です。当時のふだんの生活に関し、運動不足を「大いに感じている」と答えた人は、男性では40~50代のミドル世代をピークに4割近くを占める一方、女性では30~40代で半数を超え、70代を除き同年代の男性を上回っています。

図表1ふだん運動不足を感じますか(性・年代別

今後始めてみたい運動・スポーツ―1番人気は「ウォーキング」

続いて40~50代のミドル世代が今後行ってみたいと答えた運動・スポーツの種目についてみてみましょう。この調査では計60もの多様な選択肢をあげて今後の実施意向をたずねています。

図表2はこのうち全体の回答率が5%を超えた項目を40~50代の男女に関してグラフ化したものです。これをみると、男女とも最も多くあげられたのは「ウォーキング」で、ミドル世代では男性のおよそ4人に1人、女性ではおよそ3人に1人が行ってみたいと答えています。

図表2 今後始めてみたい運動・スポーツ(40代、50代男女)<複数回答>