ポルシェブランドで初めてとなるピュアEV(完全なる電気自動車)、タイカン。昨年9月にメインの市場となるヨーロッパ、北米、中国で同時に発表され、大きな話題となったEVスポーツが、いよいよ日本でも価格が発表されました。動き出したポルシェの新たな世界観とはどんなものでしょう。


3グレードで始まるEVライフ

昨年9月のワールドプレミアムから2ヶ月後、新しい4ドア、4シーターのスポーツサルーンであるタイカンは日本国内でも報道陣などに公開されました。同時に価格は未発表でしたが予約注文の受付もここからスタートしました。

この時点で日本に導入されるタイカンは「4S」、「ターボ」、「ターボS」の3グレードだということ、それぞれのスペックなどはわかっていましたが、価格は不明。それでもポルシェのサルーンであり、おまけにEVということを考えれば、1千万円中盤から2千万円超えというのが大方の予想価格帯でした。

予約状況の内容を見るとタイカンが初めてのポルシェ、という新規ユーザーは45%、そしてガソリンエンジン車からの乗り換えユーザーが95%だったということで、その関心度の高さが数字の上でも明らかになったようです。

ポルシェ タイカン911オーナーにとってはあまり違和感のないリアスタイル

そして今回、明らかになった正式価格はタイカン4Sが1,448万1,000円、タイカン・ターボが2,023万1,000円、そして最強モデルのタイカン・ターボSが2454万1000円ということでした。同じくポルシェのスポーツサルーンとして人気のパナメーラは1,200万円台から3,100万円台までと幅広い展開を見せますが、タイカンはまだ導入初期ですから単純な比較は出来ないかもしれません。

なにより、パナメーラはガソリンエンジンからターボ、ハイブリッドやGTSモデルなどバリーションは実に豊富。対してタイカンはワールドプレミアムを済ませたばかりのニューモデルで現在は3グレードだけとなります。バリエーション展開はいつものポルシェらしく色々と用意してくれそうですから、今後の楽しみということになるでしょう。

さてここで一つ気になると思いますが、ピュアEVのタイカンに「どうしてターボか?」という疑問です。確かにエンジンの過給装置であるターボがモーターに着いているわけがありません。実はポルシェの歴史において「ターボ」とは“最強モデル”に与えられる称号でもある、というお約束ごとがあるようです。

最近ではターボのさらに強力なモデルには「S」が与えられたりしますが、とにかくイメージ的にはポルシェがターボと名乗れば、それはモデルの最強仕様であるという認識になります。ポルシェ911を筆頭にする歴代のターボモデルで作り上げたイメージをタイカンでも継承したわけです。ちなみに「タイカン」はトルコ語で「生気に溢れ、活発な若い馬」という意味だそうです。