フリマアプリの人気アイテムの1つは、コスメ。メルカリ、ラクマ、PayPayフリマなどで頻繁に取引されています。新品の商品もありますが、開封済、使用途中の中古品も多く取引は活発です。ただ中古品となると品質が気になりますよね。それは買う側も、売る側も同じではないでしょうか。そこで今回の記事では中古のコスメを出品する場合の許容範囲について書いてみたいと思います。


15年前のアイシャドウを出品しようとした知人

以前、ある知人から「アイシャドウを出品したい」と相談を受けたことがあります。有名ブランドのアイシャドウなので、「それなら売れるかもしれないね」と伝えたのですが、この後「え?」と思うようなことを知人が言いました。「それが、15年前の物なんだよね」と。15年前と言われた私は、正直驚きました。そもそも15年間ずっと保管していたこともそうですが、15年間放置されていたアイシャドウを売ろうとしたことに、びっくりしたのです。

「肌につける物」という認識は絶対に必要

15年前の物であっても、例えば着物とか本などであればまだまだ使える物もあります。ただアイシャドウなどのコスメ系は、私個人としては厳しいかなと思っています。それは未開封の状態でも同じです。食品なら賞味期限や消費期限が明確になっていますが、コスメの場合は明確な使用期限が書かれていないことも多いです。

使う側の気持ちになることも大事

そのため「いつまでなら使っていいの?」と迷うのも事実でしょう。でもコスメは直接肌につける物なので、例えば購入して2年、3年経っているとなると使うのに抵抗を感じてしまうこともあるでしょう。売る側は「もう使わないし……」と思っても、それを使う側の気持ちを考えないといけませんよね。

コスメ系のアイテムを出品するときのチェック項目

私自身も使用途中のコスメを出品することがあります。そのときにチェックしているのは以下のポイントです。

■商品の匂いや色、触った感じをチェック
私の場合、最初にチェックするのが色です。例えば化粧水などの液体の場合、古くなると変色がみられるなど、状態の変化がわかります。そして匂いを嗅いだり、実際に手にとって触ってみることもします。アイシャドウや口紅の場合は、匂いや色では判断しにくいので、触感の方を頼りにすることが多いです。

もし未開封の状態で匂いや触感を確認できない場合には、中で分離をしていないか、固まっていないかを見ます。以前3年前に買ったという未開封のグロスを見せてもらったことがありますが、中で分離をしていました。そういう物はいくら未開封でも出品してはいけませんよね。