マクラーレンの名を冠したクルマに求められるのは世界最高のスポーツ性能。「それだけで十分」といわれる究極のスーパースポーツのラインナップに、新しく加わったGTとはどんな世界を見せてくれるクルマなのでしょうか? 


快適で実用的なピュアスポーツ

サーキットで活躍しているクルマがそのまま公道に降り立ちました、と言っていいほどハイパフォーマンスのマクラーレン。各モデルをきちんと乗りこなすには、生半可なドライビングスキルではステアリングを握ることさえ許されないような気分になります。

フェラーリやランボルギーニ、そしてポルシェなどに比べると少々敷居が高く、マニアックな香りもします。当然、マクラーレンのファンは“その特別な近寄りがたさこそ価値がある”と考える人も多くいます。走りに徹して、人を寄せ付けないオーラに魅力を感じているという人が多いのです。

そんなマクラーレンのラインナップに昨夏、「日常的な快適性や利便性を優先的に考えたマクラーレンの新機軸のスーパーカーである」という説明とともに日本デビューを果たしたのが「GT」です。本来はグランド・ツーリスモ、つまり大陸を高速で旅行できる長距離スポーツ走行性能と同時に、快適なキャビンと実用的なラゲッジスペースなど、実用性をバランス良く備えていることが条件となります。スーパースポーツとして、走りに徹したマクラーレンにとって、実用ということはその点、考えなくて良い部分でした。

1 マクラーレンGT

これまでのマクラーレンの各モデルより伸びやかなフォルム

しかし新しいマクラーレンGTはマクラーレンのパフォーマンスを十分に確保した上で、GTならではの利便性の高さも備えてデビューしてきたのです。「極めて軽量なNEW GTが、グランドツアラーの常識を書き換えました。至極のマシンの誕生です」とメーカーは言っているのです。これまでも何台かのマクラーレンには試乗してきましたが、どれもこれも究極の走りを追い求めたストイックさを存分に感じられたモデルばかりでした。

もちろん、もうそれだけで十分でした。それに、このクルマを買えるほどの人ならば、当然、複数台所有が当たり前でしょうから、実用を求めるのであればサルーンやクーペタイプのGTを用意するでしょう。マクラーレンはドライバーに、あくまでも趣味の道具として楽しむだけ。ところがマクラーレンは、可能な限りの時間をこのGTと共に過ごしてほしい、ということで投入したわけです。マクラーレンにとって新しい価値観を持ったGT、どんな素顔を見せてくれるのでしょうか?