はじめに

日頃からベタベタするのがやさしさではありません。適度な距離感をもってつきあってきた人が、本当に困ったときに見せてくれたやさしさに、心をぐっと掴まれた女性がいます。


結婚など考えたこともなく……

アリサさん(35歳)は、幼いころに両親が離婚、いずれも再婚してしまったため、母方の祖父母に育てられました。

「祖父母はかわいがってくれたけど、両親に捨てられたという思いを払拭できないまま育ちました。離婚してふたりとも再婚、私をいらないと祖父母に預けたわけですから。中学のときに祖父が、高校のときに祖母が亡くなってひとりぼっちになったんです」

両親からはいくばくかのお金が毎月来ていたようで、祖父母はそのお金を彼女のためにきちんと預金していてくれました。

「母の兄、私にとって伯父がその後の相談相手でした。でも伯父は自分が生活に困っていたんでしょう、祖父母の家を売れとか貯金はないのかとか妙にしつこく聞いてくる。酔ってやってきて押し倒れそうになったこともあって、すごくイヤでした。それで当時、とても信頼していた高校の先生に相談したんです。先生がとても親身になってくれ、卒業後も助けてくれました」

マンションを購入して

その結果、彼女はある専門学校に進学、卒業して成人になり、就職してから祖父母の家を売って自宅マンションを購入しました。資格を生かした仕事をしながら、彼女は「絶対に結婚はしない、ひとりで生きていく」と決めたそうです。マンション購入はその決意の表れでもありました。

「ずっとひとりで生きていくことを考えていたので、特に遊びもせず、大きなお金も使わず地道に生きてきました。仕事を拡充するためにも、もっと幅広い知識を得たくて通信制の大学に入学、6年かかって卒業したのが32歳になるころでした」

恋人がいる時期もあったものの、恋に溺れることはなかったといいます。そんな彼女が大学卒業間近のスクーリングで知り合ったのが2歳年下の彼でした。
「私、たぶん相当男嫌いだったんだと思います。でも彼とは知り合ったときから、わりと素直に話すことができました。彼が外見もあまり男っぽくなかったからかもしれない」

身長もアリサさんより少し高いだけだったから、彼女がヒールを履くと同じくらいでした。穏やかな表情だったので威圧感もなく、すぐに友だちになれたと彼女は言います。