はじめに

自己破産する人は年間、ここ6年、ほぼ7万人前後で推移しています。2000年代初めには20万人にもふくれあがったのですが、多重債務が社会問題にもなり、その後、借入金の総量規制などがされて自己破産者は減りました。ところがここ3年ほどじわりとまた増えてきています。今年はコロナ禍もあり、また増加するかもしれません。


カードを使わない人だと認識していた

行きつけのバーで顔見知りになり、つきあって1年、30歳のときに結婚したユウナさん(33歳)。彼は4歳年上の会社員でした。

「結婚式などする必要もないと思っていたんですが、彼も同意してくれました。両家の両親と会食して、あとは友だちや仕事関係の人たちを呼んでレストランで会費制のパーティをしただけ」

結婚するにあたっては、お互いの収入に応じて生活費を負担しようと話したのですが、蓋を開けてみれば収入はほぼ同じ。

「彼はけっこうお金払いのいい人で、私とのデートはもちろん、ときどき後輩や友だちに奢ったりもしているみたいだから、もうちょっと収入が多いと思ったんですよね。結婚するとき、貯金の額を聞いたんですが、教えてもらえませんでした。結婚後も、今後、家をどうするかとか子どもをどうするかとか、そういう話をしても、『計画を立ててもその通りになるとは限らないよね』とはぐらかされる。結婚まではよかったんですが、直後からなんとなく不安はありました」

そもそも彼女は、彼に惚れ抜いて結婚したわけではないといいます。27歳のとき、大好きだった恋人に裏切られて失恋したため、今度出会う人とは恋愛目線でなく、結婚目線で選ぶと決めていたのだそう。夫となった彼には、情熱的な恋心はなかったため、言いたいことも言えたし我慢する必要がなかったのです。

「それなのに結婚後は、彼のオープンさが少しなくなったというか。うーん、オープンはオープンなんだけど、何か肝心なことからは逃げられるというか。そんな歯がゆい思いが少しありました。ただ、私自身も忙しかったので、彼が貯金額を教えてくれないこと、将来の計画を話し合ってくれないことは気になっていたものの、改めて話し合いを要求することもしないで過ごしていました」

平日はお互いのペースで生活していたから、彼女はほとんど独身気分。友人と食事に行ったり気軽に飲みに行ったりもしていました。彼も同様です。ただ、週末は一緒にいることが多かったといいます。

「ふたりで映画を観に行ったりテニスをしたり。楽しかったですね。夫は『妻はこうあるべき』という人ではないので、気が楽でした」
新婚生活は忙しいながらも楽しいものだったそうです。