はじめに

日本における国際結婚割合は、2018年で3.7%と決して高くはありません。50組に2組もいないなんて意外だ、という方が多いのではないでしょうか。
外国人パートナー比率はバブル期あたりに割合が増える傾向はあったものの、その後また低下しています。

良し悪しの意見はここではさておき、日本は移民割合も低いことから、多民族国家とは程遠い国ということだけはいえるでしょう。


意外と知られていない「外国人パートナーの多い県」

そのような状況から当然のことではあるのですが、外国人パートナーをもつ男女の多い都道府県、と聞くとなんとなく「東京都でしょ!」と思う方が多いかもしれません。

ところが意外なことに、東京都は1位ではないのです。

今回は、「外国人パートナーを持つ夫婦が多い都道府県」「都道府県別の外国人妻と外国人夫の割合」を読者の皆さんにご紹介したいと思います。
外国人パートナーも視野に入れた婚活を考えている方のちょっとした参考データになればと思います。

1位は世界的メーカーのお膝元

早速、2018年に成婚した都道府県別の夫婦総数に占める「一方が外国人」夫婦の割合をランキング形式でご紹介します。

2018年に外国人パートナーをもつ男女の成婚割合が最も高かった都道府県は、東京都ではなく、なんと愛知県でした。

読者の皆さんがまずは思い浮かべる東京都は僅差ながら2位です。さらに、愛知県の隣の県、同じ中部エリアの岐阜県が3位にランクインしているのも意外な結果だと思う読者は少なくないかもしれません。

愛知県に居住経験がある人にとっては、この結果は「言われてみれば、なるほどね」という結果のようです。愛知県は世界のトヨタのお膝元のエリアです。トヨタ関連会社の従業員が占める割合が大変高い県ですが、この結果を見た愛知県に住んでいた経験がある方によると「工場の期間工に外国人女性が多いというか、ほとんどが外国人女性というイメージがあるので、わかる気がする」とのことでした。

この話からすれば、一方が外国人、といっても「妻が外国人」の割合が高そうです。

そこで、同じ統計で調べてみると、全国的には外国人パートナーを持つ夫婦に占める「妻が外国人」の比率は69%ですが、愛知県は79%と、外国人妻比率がかなり高くなります。隣接する岐阜県も85%とやはり高い外国人妻割合を示しました。

一方、2位の東京都の外国人妻比率は60%と低くなることからも、やはり、トヨタ関連工場の女性期間工からの外国人妻説、は妥当性が高いように感じます。