はじめに

「生命保険会社にダマされた…」。至急、保険の相談にのって欲しい。という依頼がありました。

相談内容は、40年前に入った生命保険についてです。依頼者は、「2000万円の死亡保険に入っていたつもりが、200万円しかない」「追加の保険料は一切かからないといことだったのに、60歳以降の保険料を払えというのが届いた」「これはおかしい!」と、ずいぶんご立腹の様子です。では、保険の契約が途中で変わったのでしょうか? それとも、本当にダマされたのでしょうか?

じつは、生命保険の保障内容の「ビックリ!相談」というのは、よくあるケースです。40年間、一度も保険の内容を見直したことがない。と言う人には、ぜひ知っておいてほしいことでもあります。そして、説明を受けたけど、よく確認をしないで契約をしてしまった人。「そういえば、心当たりがあります」そんな人にはぜひ読んでいただきたい話です。

今回は、60歳定年を迎えたある人の「あるある保険相談」の真相に迫っていこうと思います。


定期保険特約付終身保険の仕組みとは

今回、相談があった保険は「定期保険特約付終身保険」です。この商品は、日本の生命保険会社の主力商品でした。現在でも主力商品として販売している保険会社もあります。

20年以上前に生命保険を契約した人は、多くの人がこの保険を契約しているのではないかと思います。

まず、「定期保険特約付終身保険」のしくみの説明をすると、主契約は終身保険です。その上に定期保険特約、入院特約、特定疾病特約、介護保険特約などさまざまな特約が乗っている保険です。

相談者の保険は、主契約の終身保険は200万円です。それに1800万円の定期保険特約がついているので、死亡保険金は2000万円になります。終身保険の保障は一生涯続きます。この保険は、60歳払込満了です。

ただし、主契約の終身保険の保険料が払込満了になると、特約で付いている保障はすべて終わってしまいます。特約は、定期保険特約、医療特約、災害割増特約、介護特約などなどです。

ですので、死亡保障も定期保険部分の1800万円も終わって終身保険の200万円だけになります。つまり、医療保険、介護保険などを続けたいのであれば、継続として保険料を支払うということになります。

たとえば、医療保険特約を継続する場合には、その後の保険料を一括に支払うか、毎月支払っていくかということになります。これが、大まかな「定期保険特約付終身保険」の仕組みです。