はじめに

スイートルームに助けられた

さらに、GoToトラベルの恩恵は意外なところでホテル ココ・グランへもたらすことに。それがスイートルームの存在です。同ホテルには、宿泊特化型としては珍しくスイートルームといったラグジュアリーな客室を一部擁しています。最高峰のスイートルームは1室(約10万円)、スイート2室(約6万円)、ラグジュアリーツイン4室(約5万円)といった客室群です。実際、最高峰のスイートは別格の客室面積や設備が噂を呼び、人気テレビ番組などでも取り上げられ、一度は泊まってみたい部屋としてかなり有名な客室とされ、コロナ禍以前から競争率は高くなっていたとのことです。

今回のGoToトラベルでは、上記の高価格帯群の動きが活発になり特筆すべき稼働になったとのこと。客室数単位でみれば大した割合ではありませんがとにかく単価が違います。仮に上記高価格帯の客室7室全て埋まったとして、1日計約42万円でスタンダートシングル(約1万円)42室分が埋まった効果に相当します。開業当初は非常識なスイートルームを設けるなんてどうだろうと思っていたとスタッフはいいますが、「非常識なスイートルームが話題を呼びホテルのイメージがアップ、そして今回これらの客室には本当に助けられた」としみじみ支配人は語ります。


悲喜交々のGoToトラベルはまだまだ続きます。引き続き現場のリアルな声を取材してまいります。