はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、24歳、会社員の男性。これまでに贈与などで貯めた資産を運用しつつ、30歳頃には最低限の就労でセミリタイアを目指したいと言いますが……。FPの秋山芳生氏がお答えします。

30歳でセミリタイアしたいが、このままで達成できるのかわからなくなってきました。

現在地方でサラリーマンをやっています。実家は東京近郊でしばらくは帰るつもりはないです。貯蓄総額や投資総額が多いのは、宝くじをあてたわけでもなく、小さい頃からの暦年贈与などで現在も年間100万程度の贈与を受けています。またサラリーマンの収入とは別に配当収入で50万超あり、配当利回りの収益性と減配リスクの少ない銘柄を選ぶなどして安定性のバランスを取ったポートフォリオにしています。

本題になりますが、30歳頃にはセミリタイアをしたいと考えています。理由としてはサラリーマンは自由が利かなすぎるからです。業務内容の自由度、時間的な自由、地理的な自由は自分では選べません。

以前正社員になる前にアルバイト兼自営業をやっていました。雑貨や電子機器の卸売りで利益は月によって変動ありましたが、5万前後で仕事自体は融通が利きました。アルバイト収入月10万や配当収入と合わせて充分生活できました。しかし、自分だけで営業しているので、在庫管理、仕入れの管理等をしてる内に、管理が大変になったので、知人に事業ごと売却しました。その後は縁があって正社員で働いていますが、正直時間と場所が制限されており、辞められるならいつやめても良いと思っています。そこで、ある程度の資産が貯まり、配当収入と厚生年金や健保に入れる程度で働き、給与収入を得て、最低限の生活費と趣味の旅行代くらい出せれば良いかな程度に考えています。

ちなみに年間の生活費はかなり少なく、年間120万程で、個人年金、貯蓄型終身保険、海外旅行なども込みでその程度です。

【資産の内訳】
計約2000万円(株式:1500万円、REIT:200万円、投信:100万円、外国債券:100万円、貯蓄型終身保険:33万円、個人年金:16万円、確定拠出年金:13万円)
他、現預金1000万超
※保険、個人年金、確定拠出年金はすべて投稿時の価値

目標としては資産が5000万程度になるまで働くことです。その歳に3000万程度を株式等にし、手取り4%弱のポートフォリオにし、年100万程度の配当収入で、給与所得の手取りも同程度で年間200万の手取りで暮らせるのではと思っています。今の会社をやめたときに現在の社宅家賃8千円から5万程度の家になると仮定して50万生活費が増えても問題ないように考えています。また車は別に必要がなければ原付での移動も悪くないと思っていて、そっちにシフトする可能性はあります。

世間知らずの甘えん坊だとは重々承知してます。どうかアドバイスをください。
【相談者プロフィール】
男性、24歳、会社員、未婚
住居の形態:社宅(会社が賃貸アパートを契約)
毎月の世帯の手取り金額:18万円
年間の世帯の手取りボーナス額:80万円
毎月の世帯の支出の目安:10万円

【毎月の支出の内訳】
住居費:0.8万円
食費:2万円
水道光熱費:0.9万円
教育費:0
保険料:1.8万円
通信費:0.5万円
車両費:2.5万円
お小遣い:1.5万円
その他:0

【資産状況】
毎月の貯蓄額:8万円
ボーナスからの年間貯蓄額:80万円
現在の貯蓄総額:3000万円
現在の投資総額:2000万円
現在の負債総額:0
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ