はじめに

猛暑だった8月も終わり、秋の気配もするようになりました。世間は、安倍首相が退陣するとの突然のニュースで持ち切りです。

このコラムでは投資の世界で過去の失敗から学ぶ事が多いという話をしていますが、安倍首相も第一次内閣では、華々しい成果もあげられず、1年あまりで退陣しました。ただ、その失敗を糧に、第二次安倍内閣は憲政史上に残る長期内閣となったのです。


第一次、第二次安倍内閣の決定的な差

第一次安倍内閣と第二次安倍内閣の大きな違いは何だったのでしょうか。しっかり分析してみると、いかに失敗を成功に結び付けるか、ということにつながるのではないかと思います。

第一次安倍内閣は、小泉長期政権の後でした。「変化」よりも「安定」が求められた時代だったということでしょう。ですから、小泉元首相が変化させたものを、いかに安定的かつ成長するようにするかが求められていました。そんな中で、さらに変化を求めてしまったことが、内閣がうまくいかなかった原因ではないでしょうか。

そして、第二次安倍内閣が発足したのは、リーマンショックから立ち直りかけたところで、東日本大震災ショックを受けた後でした。当時の民主党政権からの「変化」を求められた中で、「三本の矢」に見られる経済重視の政治に切り替えたことが評価されたと言えます。

もちろん、どん底を脱した後の期待感が後押しをしたということですが、世論が「変化」と「安定」のどちらを求めているのか、また、求められたものにしっかりと対応できたかが、失敗と成功の分かれ目だったということです。

変化と安定のタイミング

そして、この変化と安定のどちらが成功しやすいかというと、当然のことながら変化する方です。投資の世界でも、一つのやり方でうまく行っている時は「変化」を求めることはなく、うまくいかなかった時に「変化」すれば良いというのは同様です。

つまり、小泉政権の後、小泉元首相のやり方をそのまま踏襲すればいいと安直に考えると、失敗していたでしょう。前政権がうまく行ったあとというのは非常にやり難いと思います。

逆に、民主党の野田政権の後ということであれば、民主党が掲げた経済よりも人重視ということの反対を行えばいいわけですから、比較的簡単に変化させることができ、成功する可能性が高まります。