はじめに

フェラーリ史上、最速かつ最もパワフルと言われる812スーパーファスト。まとわりつくような東京の空気を切り裂き、走り出した途端にいきなり絶頂を迎えました。久しぶりの快走で、その魅力が忘れられなくなりました。


抗いがたいフェラーリの誘惑

あえてフェラーリ、それもフラッグシップとも言える812スーパーファストに、なぜ乗ったのでしょうか。
なんかとってもスカッとしたかったから……、ではなく、12気筒エンジンを搭載したスーパーカーに乗るという企画を進める中での話でした。本来、私が担当するのはベントレー・コンチネンタルGT W12(こちらも超絶凄いクルマですが…)だったのですが、そこには当然のように812スーパーファストが用意されていました。
 
まずい、コイツはホントにマズい。個人的な感覚というか思いなのですが、フェラーリに触れると、しばらくの間、その感覚が体に残ってしまい、恋わずらいのような症状がしばらく続いてしまいます。そうとは知りつつも、目の前に「はい、お乗りください」とあれば試したくなります。
 
まずは、このモデル名ですが800馬力の12気筒エンジンであるということで812です。これだけでも、その素性が少し分かりますが、さらにスーパーファストが付きます。文字どおり“凄く速い”を意味するのですが、800馬力と言っただけで凄いのに、あえてスーパーファストまで付けるなんて……。要するにフェラーリ史上最強のスーパーカーを誇らしげに宣言したモデルと言うことになるわけですね。

こうなると、やっぱり“禁断のフェラーリ”に試すしかありませんが、その前にスタイルチェックです。6.5リッターのV12気筒エンジンが収まっているのはフロントノーズですから、かなりロングノーズです。一方でお尻はというと、ストンと切り落とされたように短いデザインです。一般的には「ロングノーズ・ショートデッキ」と呼ばれ、スポーツカーにとっては古典的なというか、カッコ良さの典型とも言えるデザインです。

リアデッキをすっぱと切り落としたように短いリアスタイル

フェラーリというと「2人乗りで、エンジンはドライバーズシートの直後に置かれたミッドシップというレイアウトを連想する人も多いはずですが、この812はフロントにエンジンを載せ、後輪でパワーを伝えるFR(後輪駆動)のスポーツカーです。そのためのデザインと言うことにもなるわけです。