はじめに

なんと10万円以上の装備を標準装備

安全装備はもちろんですが、スマートエディションの最大のポイントは15Sでメーカーオプション設定されていた装備を実質価格上昇分無しで装備している点です。

06

リアシートも上位グレード同様の6:4分割可倒式に変更されます

15Sには「ユーテリティパッケージ」として
①リアシート6:4分割可倒式シートバック
②ダークテインテッドガラス(リアドア/リアゲート)
を3万3,000円でメーカーオプション設定。

また「コンフォートパッケージ」として
③スーパーUVカットガラス(フロントドア)
④IRカットガラス(フロントガラス/フロントドア)
⑤フルオートエアコン(花粉除去フィルター付)
⑥アドバンスドキーレスエントリーシステム(アンサーバック機能付き、リアゲート連動)
が7万1,500円でメーカーオプション設定されます。

どの装備も快適性を高めるもので、特に車内の温度上昇を抑制するIRカットガラスや紫外線を99%カットするスーパーUVカットガラスは日焼けに対して効果があることからも現代では必須装備になりつつあります。

その点でも上記の①~⑥までの装備を15Sに装着すると10万4,500円も車両価格がアップしてしまうのですが、スマートエディションはこれを標準装備化、実質的には丸々この分がお得になるわけです。

また細かい部分ですが、スマートエディションにはラジオ用のアンテナにスタイリッシュなシャークフィンタイプを特別装備しますが、これも他のグレードから計算すると1万1,000円差額がありますのでこの分もお得となります。

実際ディーラーで話を聞いても現在はやはり15Sより圧倒的にお買い得なスマートエディションを勧めているそうです。