はじめに

新型コロナウイルスの影響で、外食、特にお酒を飲みに行く機会がかなり制限されています。酒飲みにとって定番のオツマミ「焼鳥」は、家庭のガスコンロではなかなか再現できず、今やちょっと贅沢な料理にもなっています。

こうした背景からか、各家電メーカーから販売されている「家庭用焼鳥コンロ」がヒットしています。さらに本格焼き鳥を目指す人向きに、「焼き台」「鶏肉」「調味料」をコンプリートした焼鳥ミールキット+専用焼台が販売されました。

高級焼鳥店「鳥幸」によるもので、「銘柄鶏」「煙を極力発生させない焼台」などによって炭火の焼鳥を限りなく再現できるとのこと。さっそく取り寄せ、どれほど美味しいのかをレポートします。


スーパーでは入手できない希少部位を楽しめる!

今回、焼鳥ミールキット+専用焼台をリリースした「鳥幸」は、首都圏やニューヨークで高級焼鳥を展開するチェーンです。4月の緊急事態宣言以降、飲食店の休業や時短営業が相次いだ影響で、飲食店だけでなく、銘柄鶏の生産者も大打撃を受けました。

特に「鳥幸」が採用している銘柄鶏、希少部位はスーパーでは販売されないものが大半で、生産者は売り先を失ったそうです。この生産者および銘柄鶏を守るため「鳥幸」が旗を振り、今回の焼鳥ミールキット+専用焼台を企画。主にオンラインでの販売を始めたというのが経緯のようです。

さっそくオンラインでオーダーすると、数日後、焼鳥ミールキット+専用焼台がクール便で届きました。オーダー時は気づかなかったことですが、この一式、届いてみると結構な大きさ。すぐに焼かない場合は冷凍保存が必要なので、ご自宅の冷凍庫がパンパンになっている方は、保存用に開けておく必要がありそうです。

02中からモノトーンの焼鳥ミールキット(上)、おシャレな段ボールに入れられた専用焼台が出てきました

焼鳥ミールキット+専用焼台を見て、焼く前からテンションが上がる!

まず、焼鳥ミールキットには、銘柄鶏(今回は秋田県の比内地鶏)のうち希少部位がコンプリートされた5本セットが2つ、さらに様々な調味料と、炭の香りを付けた特製チャコールオイルなどが入っています。説明書もあり、各部位ごとに違う美味しい焼き方、銘柄鶏の解説に加え、「鳥幸」の割引クーポンまで付録されていました。

そして専用焼台の箱を開けてみます。小ぶりのグリルでありながら電気式ヒーターを搭載した本格派で、フロントには「鳥幸」のロゴが誇らしげに記載されています。美味しい焼鳥を食べることが目的ですが、焼く楽しみも同時に味わえる画期的なアイテムです。これらのセットを前にすれば、おのずと焼く前からテンションが上がりますね。これだけでもお酒が進んでしまいそうです。

04これが銘柄鶏の秋田県産比内地鶏。もも肉、砂肝、むね、ハラミ、手羽中の5本セットが2つ入っていた