はじめに

道なき道を走らせたら右に出るものはない、とまで言われるジープ。まさにオフロード4WDを象徴するブランドですが、中でもラングラー・ルビコンというモデルは“キング・オブ・ザ・オフロード”というクルマです。可能な限り自然に近いフィールドでジープ本来の実力を試す機会として、長野県白馬「Blue Resort 白馬さのさか」へと向かいました。


ジープブランドの悪路に強い専用モデルが勢揃い

今回はジープブランドのフルラインアップ試乗会という催しで、スキー場の斜面を走り回るという、めったにないチャンスです。オフローダーとして知られるラングラーから、都会派のチェロキー、そしてコンパクトファッション系SUVのレネゲード・トレイルホークまで揃っています。

そのラインナップをよく見ると、ルビコンとかトレイルホークといった仕様ばかりが並んでいます。例えばラングラー・ルビコンですが、ノーマルでさえも相当に悪路に強いと言われているラングラーをベースに、さらに悪路の走破性能を向上させたスーパー4WDがルビコンなのです。一大決心をする時に“ルビコン川を渡る”という表現が使われますが、まさにモデル名の由来もそれです。決死の覚悟で臨むような場所でも、走りきって見せましょう、というメーカーの自信がみなぎるモデル名でしょう。

同じようにトレイルホークのバッジが与えられたモデルですが「街乗り派のSUVでも、可能な限りラングラーに近い走破性があります」という仕様です。ジープと名乗るからには4WDのスキルでも手は抜いていません、と言うことです。各モデルのトレイルホーク仕様のフェンダー部分には「TRAIL RATED」という赤いバッジが与えられています。実はこれ、地球上でもっとも険しいオフロード「RUBICON TRAIL」で行なわれた性能試験に合格した証なんです。トラクション、渡河性能、機動性、接地性、最低地上高の5つの項目を総合的に評価し、合格したモデルだけに与えられますから、オンロードの走行ばかりではなく、オフロードの走破性も、まさにジープの名に恥じない証明です。

ルビコンにトレイルホーク。メルセデスで言えばAMG、BMWならばMスポーツのような「スーパースポーツ」のポジションにあたるモデルでしょう。