はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、39歳、会社員の女性。実家暮らしで結婚の予定はない相談者。そろそろ老後が心配になってきましたが、買い物のリボ払いやエステの分割払いの返済で赤字になってしまうといいます。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

39歳、実家暮らしをしています。今のところ結婚も子どもを産む予定もありません。

40歳を目前にして、そろそろ自分の老後についても考えなくてはいけないなと思いました。ですが、今は毎月赤字の状態です。ボーナスで何とか補てんしてきましたが、とうとう貯金も切り崩さなくてはいけなくなりました。親に助けてもらおうかとも思うのですが、今も英会話教室代、資格取得のセミナー代などの費用を親が払ってくれているので、なかなか切り出せません。100万円ほどある貯金は、いつまで持つのだろうかと不安です。

赤字の原因は、恐らくエステの分割払いやリボルビング払いでの買い物などのせいかなと思うのですが、支払期間がまだあり、一度に無くすことができません。さすがに貯金がなくなるといけないとは思うのですが、どのように改善すると良いのでしょうか。

【相談者プロフィール】
女性、39歳、会社員
毎月の手取り収入:約19万5,000円
年間の手取りボーナス:約70万円
貯金:約100万円

【支出状況(総支出額:24万9,000円)】
住居費(親へ渡す生活費):2万5,000 円
食費:2万8,000 円
通信費(スマホ、タブレット):1万6,000 円
生命保険料:1万8,000 円
日用品代:1万2,000 円
医療費:1万4,000 円
交通費:7,000 円
被服費:3万5,000 円
交際費:2万円
娯楽費:18,000 円
エステの分割払い:1万5,000 円
リボルビング払い(1):2万5,000 円
リボルビング払い(2):1万6,000 円

FP:ご実家住まいなのに、お金を使いすぎて毎月赤字で困っているということですね。問題なのは赤字であること以外にも、ご両親との付き合い方やクレジットカードとの使い方など、複数あるように思えます。ポイントを絞り、1つずつ考えていきましょう。