はじめに

10月1日、東京が対象に加わり、地域共通クーポンの配布も始まった「GoToトラベル キャンペーン」。利用者が急増し、“使った者勝ち”の様相を呈しています。自治体独自の補助や各種クーポンも配布されているため高級温泉旅館に格安で泊まれるのはもちろん、ほぼワンコインでホテルに宿泊できるケースもでてきています。

すでに補助が終了したり、旅行商品の販売が終わったりしたものが出てきています。年末年始の利用を考えている人は、早めに予約した方がよさそうです。

このキャンペーンをうまく使えたとして、実際はどの程度お得なのでしょうか?


ようやく東京都でも始まったGo To トラベル

まず、キャンペーンの概要をおさらいしましょう。GoToトラベルは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で落ち込んだ観光業への支援を目的とした国の事業です。

7月22日から「国内旅行代金の35%割引」、10月1日からはさらに「旅行代金の15%相当分の地域共通クーポン付与」が始まり、最大で旅行代金の半額の補助が受けられるようになりました。なお支援額の上限は一人一泊あたり2万円で、利用回数に制限はありません。

国土交通省によると、利用の対象となる商品は、来年1月31日宿泊分まで。しかし、あくまでこれは目安であり、予算がなくなれば終了を発表するということです。

利用客の急減に苦しむ旅行業界では、GoToトラベル開始前からホテルや旅館の料金割引、旅行サイトでの割引クーポン配布、自治体が行う旅行代金の補助など、さまざまな対策が行われていました。これらはGoToトラベルと併用できるものが多く、活用すれば都心のビジネスホテルにも格安で泊まれます。

一泊1,500円?交通費より安くホテルステイ

たとえば楽天トラベルを利用して10月15日に人形町(東京都中央区)で一泊する場合、以下の料金になります(料金は取材時)。

利用ホテル:「ビジネスホテル堀留ヴィラ」
通常代金:2,546円
GoToトラベル割引:732円
「東京都内宿泊施設限定宿クーポン」:454円
合計:2,546円−732円−454円=1,360円

楽天トラベルHPより

利用者の居住地に制限はないため、出張で都内に来た場合はもちろん、都内在住者がリフレッシュのために利用することも可能です。しかも、居住地によっては通勤交通費よりも安くすみます。

たとえば自宅の最寄り駅がJR立川駅だと想定した場合、東京メトロ人形町駅までの交通費は以下の通りです。

立川駅〜人形町駅:片道820円、往復1,640円(JR中央線、中央・総武線、東京メトロ日比谷線利用)

利用路線や定期券の有無によって交通費は上下しますが、このケースでは通勤するよりもホテルに滞在した方が安くなります。片道1時間程度の乗車時間も考慮すると「来週は仕事が忙しいから、会社近くのホテルに泊まろう」という風に日常使いもできます。

なおGoToトラベルの地域共通クーポンは1,000円から交付されるため、今回は対象外です(1360円×15%=204円、1,000円未満は四捨五入のため0円)。