はじめに

つきあっているだけならともかく、結婚となれば相手の収入が気になるのは当然のことかもしれません。でも、収入が安定しないからといって、彼の将来性を疑問視したのは、今となれば「間違いだった」と後悔している女性もいるようです。


両親からの圧力で…

「私、彼のことが大好きでした」

伏し目がちにそう言うのは、アカネさん(35歳)です。大学生時代からの友人であるタクトさんとの関係が恋愛に発展したのは卒業して3年目のことでした。

「タクトは学生時代から仲間と起業したりして目立つ存在でした。私は就職したけど彼は、どうなるかわからないけど使われる身はイヤだと、その会社を大きくしようとがんばっていた。友人同士でたまに会って話す関係が続いていたんですが、25歳のころ私が社内恋愛で大失恋して……。よくタクトを呼び出しては愚痴を聞いてもらっていました。いちばん暇そうだったから(笑)」

タクトさんはいつでも話を聞いてくれました。朝までカラオケにつきあってくれたこともあります。

「半年くらいたってようやく立ち直りかけたころ、仕事で思いがけないチャンスをもらったんです。そうだ、今は恋愛より仕事だと感じました。うれしくなって誰かに話したいと思ったとき、頭に真っ先に浮かんだのがタクトだった。あれ、もしかしたら私はタクトが好きなのかしらと初めて気づいたんです」

自分の気持ちを確認するためにすぐにタクトさんを呼び出し、仕事でチャンスをもらったことを告げました。彼はアカネさん以上に喜んでくれたそう。

「ごめんね、今まで迷惑をかけてと言ったら、『オレじゃダメ?』って。思わず聞き直すと、『オレ、アカネのこと好きなんだよ。つきあってほしい』と。愚痴ばかり言っていたのにとつぶやいたら、『好きな女の愚痴くらい聞くさ、いくらだって』と笑ってくれた。あの笑顔は本当に素敵でした」

そしてふたりはつきあい始めます。アカネさんの仕事が忙しいときは彼女の家に来て料理を作ってくれることもありました。

「とにかく健康が第一だからって、気を遣ってくれて。当時は私のほうが時間がなかったので、私に合わせてデートしてくれたし、疲れているときはお家デートも楽しんでくれた。私のためにいろいろ尽くしてくれました」

ただ、彼の様子を見ていると、とても仕事がうまくいっているとは思えませんでした。仕事の話をしたがらなかったし、彼女が「臨時収入があったから使って」と20万円を渡したとき、涙ぐんで受け取ったことがあるからです。口には出さなくても彼の窮状はわかっていました。それでもふたりで楽しい時間を過ごせればいい。そう思っていたと言います。