はじめに

歴史あるロンドンタクシーの現代版である「新型TX」に試乗する機会に恵まれました。試乗というよりはタクシーなので後席を独り占め! 快適な移動空間を味わってきました。


伝統あるロンドンタクシーを継承

英国に旅行や暮らしていた人ならば一度は乗ったことがあるはずなのがロンドンタクシーです。1948年から生産されている同車ですが一番記憶にあるのが1958年に開発され40年近く生産された「FX4」です。筆者もイギリスに仕事で行った際に乗ったことがあります。

そして2019年12月に発表し、翌年2月1日から受注を介したのがこの「TX」です。

現在のロンドンタクシーはLEVC(ロンドンEVカンパニー)の経営ですが、LEVC自体は中国のジーリーホールディンググループ傘下であり、ボルボと同等のポジションと言えます。

ゆえにこのTXにはボルボ車のステアリングやインパネなどが採用されています。

決してオリンピック需要を狙ったわけではない

延期が決まった東京オリンピック/パラリンピックですが、インバウンド需要を狙うとすればこのロンドンタクシーにも大きなビジネスチャンスがあったはずです。

正直、この延期はビジネス的にも痛いだろうな、と思い日本法人(LEVCジャパン)の広報に話を聞くと、実はそういうことではない、もっと崇高な目的があったそうです。

同社の役員が英国でこのクルマを見た時にクルマ椅子の乗り込みがとにかくスムーズに行えることに感銘を受けたそうです。日本では多くの福祉車両が走っていますが、タクシーに関しては乗車時に色々と手間や時間がかかります。可能であれば自力で乗車でき、さらに家族とのコミュニケーションも得られるこのクルマを見て、何としてもこのクルマを日本に導入したい、という気持ちになったそうです。

クルマ椅子をスロープから入れていきます。角度は15度でスムーズに乗車できます