はじめに

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、「マスク」「消毒液」「トイレットペーパー」などが品薄となりました。生活様式は変化し、食料品、飲料品、家庭用品などの需要も変わってきました。

それは定番ヒット商品の大容量化です。生活必需品の品薄、外出しにくいなどのニーズに対応すべく、各メーカーが続々と「大容量」商品が発売し、いずれもこれまでにはなかった好調な売れ行きを見せているようです。そんな「大容量」商品をピックアップし、各メーカーの生の声を紹介します。


大ヒット「R-1」が大容量で登場

daiyouryou_01「明治プロビオヨーグルトR-1 プレーン(336g)」

食品メーカー大手・明治の知見によって開発され、2018~19年のドリンクヨーグルト市場でトップとなった「明治プロビオヨーグルトR-1」。明治が保有する6000種類以上の乳酸菌から選び抜かれた「1073R-1乳酸菌」を採用し、今なおヒット続行中の商品です。

全国発売から10年になる今年、「大容量」の「明治プロビオヨーグルトR-1 プレーン(336g)」が発売されました。希望小売価格396円。同じサイズ競合品は100円台であることを考えると、ヒットしにくそうにも思えます。この経緯と動向について明治の広報の方に聞きました。

―「大容量」を発売した経緯と、現在の売れ行き動向はいかがですか?

明治:「明治プロビオヨーグルトR-1」は、発売から10年が経過し、毎日の体調管理に役立つヨーグルトとして、多くのお客様からご支持いただき、市場に浸透してきました。「体調管理」は、子供~大人まであらゆる人が対象となるものであり、今では自分の体調管理のためだけではなく、家族や、身の回りの親しい人のために購買いただく人も増加しております。

このような背景を踏まえ、家族(複数人)で分け合える、そしてそれぞれ好みの味で楽しめるという大容量のプレーンタイプを20年3月に関東限定で発売。10月より全国発売することになりました。

「R-1」の食べるタイプの既存商品と並ぶ売り上げを上げている店舗もあり、着実に市場に浸透しつつあります。100円台で販売されている商品の多いプレーンヨーグルトカテゴリーにおいて高単価(希望小売価格396円)でも、着実に回転する商品として、流通の皆様からも高い評価をいただいております。

―「大容量」であるメリットを教えてください。

明治:家庭内でのシェアや、個人の複数回喫食に適しているので、ご家族で分け合ったり、お好みに応じて複数回に分けたりして召し上がっていただくことで、家族や自身の日々の体調管理をサポートできます。

プレーンタイプなので、そのままヨーグルト本来の自然なおいしさをお楽しみいただいたり、好みに合わせてアレンジしたりできる点もメリットです。

巣ごもりによって「自宅での食」にこだわる人も増えています。また、家族で顔を合わす時間が増えている今だからこそ、高単価であっても皆で楽しめ、味わえる「大容量」商品の支持が高まっているとも考えられます。