はじめに

PHEVの先駆けとして

12月発売予定のエクリプスクロスの価格はガソリンターボ車で約255万円~約335万円、そしてPHEVは約385万円~約450万円(いずれも消費税込み)と発表されています。

10今後の主流になりそうなPHEV。発売開始が楽しみです

実は今回のマイナーチェンジで先に販売されていたクリーンディーゼルターボ車は廃止されます。

このエンジンとトランスミッションはその前にデリカD:5に搭載されたのですが、ディーゼルとは思えない程静かで、おまけに燃費も良いということで評判も上々。正直、残念な部分もあるのですが、そこは企業としての「選択と集中」があり、三菱は電動化に舵を切っていくことにしたわけです。

ちなみにエクリプスクロスのPHEVは下から「M」「G」「P」のグレード構成。今回筆者が調べた所では「M」は384万8,900円、最上位の「P」が447万7,000円という情報を入手しました。まだ細かな装備も公開されていませんが、真ん中の「M」グレードが多分コスパも含め最も買い得感が高いと予想できます。こちらの価格は415万2,500円という情報です。

ガソリン車と比較するとPHEVの価格が高いのは当然のことです。実際ガソリンターボとの比較だと100万円以上の差は発生します。

しかし、そもそもPHEVであることの実用燃費の高さや昨今話題になっている緊急時の電源供給などもできるなどメリットは非常に高く、コストパフォーマンスも高いはずです。

そして何よりも国産車ではPHEVのSUVを2車種ラインナップしているのは三菱だけという現実(トヨタはRAV4とプリウスなので)。アウトランダーもまだモデルチェンジには時間がかかりますので当面はこの2車種が牽引していくことになりますが、売れ筋のSUVだからこそエクリプスクロスPHEVはブランドイメージを向上させる役割を担う重要な車種と言えるはずです。