はじめに

健康志向の高まりで、植物性ミルクに注目が集まっています。日本では豆乳が代表的ですが、ココナッツミルク、アーモンドミルクなども植物性ミルクです。嘘か誠か、「飲むと美人になる」という説もあり、特にカルディなどの輸入食材を扱うお店では強い支持があります。

そんな中、キッコーマン飲料から「マカダミアミルク」を使った植物性ミルクが発売されました。「マカダミアがミルクに?」と思いますが、そこは豆乳市場を切り開いた同社。この耳慣れないミルクの正体と、植物性ミルク市場について、同社・チルド営業本部で、豆乳マイスターの資格も持つ荻生康成さんに取材しました。


「植物性ミルク」の選択肢を増やしたい

――豆乳のシェア50%以上のキッコーマン飲料が、ここに来て「マカダミアミルク」を手がけることになった経緯と理由を教えてください。

荻生: おっしゃる通り、キッコーマン飲料の中で豆乳は主力商品のひとつです。「大豆の栄養を届けたい」という思いで豆乳の販売をはじめた一方で、その背景には「体に優しい植物性タンパク質を使って、健康的な飲み物を提供したい」という思いもありました。この理由から豆乳だけではなく、現在甘酒も販売していますし、過去にはアーモンドミルクを販売したこともあります。

近年、欧米では「植物性ミルク」市場がものすごく広がってきていて、豆乳=ソイミルク、アーモンドミルク、ココナッツミルクなどが続々と開発され、市場も右肩上がりで伸びてきています。この影響もあり「植物性ミルク」は日本でも馴染みのある言葉になってきました。

しかし、日本には40年以上前から豆乳があり、「植物性ミルク」の人気の理由や背景は海外と日本では少し異なると考えています。現在、豆乳の国内生産量は9期連続で過去最高を更新しており、キッコーマン飲料の豆乳はクリーミーでまろやかな味わいをご好評いただいております。