はじめに

10月16日から公開が始まったアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が大ヒットしています。

同映画を配給している東宝(9602・東証1部)とアニプレックスによると、公開10日間の興行収入は107億円となり、これまで興行収入100億円達成の最短記録だったアニメ映画「千と千尋の神隠し」の25日間を大きく上回る速さで興行収入が増えているとしています。

「鬼滅の刃」は今や社会現象と呼ばれるほど人気になり、株式市場でも「鬼滅の刃」への注目が高まっています。そこで今回は「鬼滅の刃」と関連企業を紹介したいと思います。


幅広い年齢層の心を捉えた「鬼滅の刃」

「鬼滅の刃」は大正時代を舞台に、家族を鬼に殺された主人公の少年剣士が、鬼にされてしまった妹を人間に戻すために鬼に立ち向かう話を描いたマンガ・アニメ作品です。

鬼になっても人間の心を持つ妹や、様々な背景を持つ仲間たちと助け合い、家族愛、友情、勇気、希望などの要素を組み入れた話が2016年の雑誌連載開始以降、幅広い年齢層の心を捉え、2019年のテレビでのアニメ放送をきっかけとして人気が飛躍的に高まりました。

今年に入って新型コロナウイルス感染症を防ぐために外出を控える「巣ごもり」生活が広がり、ネットフリックスなどの動画配信サービスで同アニメを視聴する機会が増えたことも人気に拍車をかけたようです。

原作コミック本のシリーズ累計発行部数は1億部を超える大ヒット作品となり、最近では街中の様々な場所で主人公のイメージカラーである緑と黒の市松模様を見かけるなど、「鬼滅の刃」の人気は社会現象になっています。