はじめに

世界中でこれほど知られているブランドも珍しいのではないでしょうか。悪路を含めた優れた走破性を持つ「ジープ」ブランドにおいて、日本で一番売れているのが「レネゲード」です。世界中のモビリティが電動化に合わせるようにジープもこのレネゲードに「PHEV(プラグインハイブリッド車)」を設定し発表しました。11月28日の発売前に早速試乗してみました。


ブランドでもっともコンパクトなSUV

レネゲードはフィアットの500XというクロスオーバーSUVとプラットフォームを共有化するコンパクトSUVです。

コンパクトとは言っても全長こそ4255mmですが、全幅は昨今のデザインの流れからも日本での道路事情を考慮すると少しだけ大きめの1805mmになります。

とはいえ、レネゲード北米や欧州でも大ヒットしており、日本の一般道でも扱いやすく、それでいてジープならではの悪路走破性も有しており、まさにオールラウンダーな1台として、日本のジープブランドでも最も多く売れているモデルです。

4×4ではなく4×e

ジープブランドで良く見かけるのが「4×4(フォー・バイ・フォー)」のエンブレムです。見た通り、4WD(四輪駆動)を表しているのですが、今回登場したPHEVには「4×e(フォー・バイ・イー)」という新世代のシステムを搭載しました。

4×4ではなく「4×e」。ブルーのアクセントでエコ性能もアピールします

簡単に言えば1.3Lの直4ターボに前後2つの電気モーターを搭載します。ユニークなのは普通4WD車は駆動力を配分するためにクルマの中央にドライブシャフトが配置されているのですが、レネゲードの場合、モーターが独立しているのでドライブシャフト自体が存在しません。

実際乗ってみると後席中央の足元はバッテリーなどが搭載されているだけなので、膨らみも少ないです。
このようなちょっとした変更にも新しい時代の4WD車であることを感じます。