はじめに

日本付近では1年に平均約26個の台風が発生し、例年、そのうちの2~3個は日本に上陸します。世界的に見ても、それだけ台風被害を受けやすい国なのです。

台風の接近が予想されるときに万全の備えをしていただくために、その一助となるデータを今回ご紹介します。


今年9月の台風10号のデータを分析

例年2~3個が日本に上陸する台風ですが、今年(2020年)は10月末時点で1つもありません。今年も残すところあと1か月余り。台風シーズンはピークを過ぎており、2008年以来12年ぶりに日本への台風上陸数0の可能性が高まっています。

だからといって今年、台風による影響や被害が全くなかったかというとそうではありません。9月5日~7日、台風10号が日本に上陸こそしませんでしたが、九州、沖縄地方を中心に記録的な風や雨をもたらしました。

この台風10号、当初は特別警報級の勢力での接近あるいは上陸が予想されていました。6日~7日は九州地方の多くの地域で交通機関が計画運休し、小売店舗が営業を取りやめるなど最大級の警戒レベルでの対応がとられました。

このため、主に九州地方にお住いの多くの方々が、台風接近に向けて万全な準備をされていたと考えられます。未曾有の台風接近が予想されたとき、ドラッグストアにおいて消費者がどのような商品を購入して備えていたのか、当社の購買データで調査しました。台風接近時にストックしておきたい商品のご参考にされて下さい。

1位の商品は前月の14倍も売れた

9月4日及び5日に指数が大きく上昇した上位10カテゴリをリストアップしました。これらは日常の生活・食事用とは異なり、台風接近に備えて特別に購入されたものの一覧とみなすことができます。ドラッグストアという業態ではありますが食品ばかりのランキングになりました。そして、缶詰、カップ麺、調理済みカレー(レトルトカレー)など、いわゆる即席食品といわれるものが上位を占めています。

0