はじめに

ただでさえ特別な存在のスーパープレミアムカーの中で、さらに特別な存在であるモデルの情報が続々と明らかになっています。今回はイギリス、イタリアのスーパーカーの刺激的なニュースをクローズアップしてみました。


電動化の波のなか登場したフェラーリ SF90スパイダー

フェラーリ初の市販PHEV(プラグインハイブリッド)として話題となっている「SF90ストラダーレ」にオープンモデルの「SF90スパイダー」が登場しました。欧州車メーカーの電動化の波はフェラーリを始めとするスーパースポーツのブランドにももの凄い勢いで押し寄せています。そんな状況下で各メーカーは“いかに電動車を楽しむか”という問いかけに対し、色々な方法論を提示してくれます。その中でオープンカーという手段は最良にして効果的なシステムだと思います。それがフェラーリの作品となればテンションは自然と高くなります。

今回のオープンモデルのベースとなっているSF90ストラダーレといえば、最高出力780馬力、最大トルク800N・mという4LのV型8気筒ツインターボエンジンに、なんとモーターを3基組み合わせたハイブリッドです。はっきり言えばガソリンエンジンだけでも十分にスーパースポーツとして成立するのですが、モーターを組み合わせたシステムのトータルでの出力は1000馬力です。これによって最高速度は340km/h、0~100km/h加速は2.5秒という俊足ぶりです。

もちろんハイブリッドですから、モーターだけの走行も可能となります。あくまでもメーカーのデータですが前輪にある2基のモーターだけでの走行でなら最高速度135km/h、最長25kmのモーター走行も可能になります。このパフォーマンスを今度はオープンで楽しめるということになります。今回のSF90スパイダーの特長はもちろんオープンになることですが、45km/hまでであればルーフの開閉が行える、リトラクタブルハードトップが採用されています。このルーフ、多くの部分がアルミニウム製であり、軽量にしてコンパクトな設計となっています。

スタイルもなかなか魅力的なオープンモデルですが、現段階では価格やデリバリーの開始時期、そして気になる日本への導入時期などはまだ発表となっていません。それでもクーペモデルのSF90ストラダーレの価格は5,340万円ですから、スパイダーは6,000万円前後というところでしょうか。