はじめに

あなたは、どんなジャンルの保険に入っていますか?

保険のジャンルというのは、「医療保険」「がん保険」「終身保険」「収入保障保険」「就業不能保険」「介護保険」などのことです。現在もっとも売れているのは、「医療保険」です。生命保険協会(2019年)の発表によると医療保険の新規契約件数は354万件とトップで、2番目は「終身保険」です。

ところが、保険のプロ10名によるアンケート結果ではお勧めする保険ジャンルのトップ3には「医療保険」も「終身保険」も登場してきません。ちなみに「医療保険」は4位で、「終身保険」にいたってはランク外なのです。

人気のジャンルと、保険のプロが勧めるジャンルとは大きく違っているようです。これはいったいどういうことでしょう。今回は、本当に必要な保険のジャンルは何かということを解説します。


保険のプロが選ぶベスト5のジャンルとは

まずは、保険選びの第一歩から説明していきましょう。

保険選びの第一歩とは、自分には保険が「必要?」「必要ない?」というところからです。自分にもしものことが起こったときに、経済的に大きなリスクがあれば「必要」です。経済的に小さなリスクで、貯蓄を使えばカバーできるのであれば、保険は「必要ない」ということになります。

保険が「必要」というになれば、どんなリスクかというのもわかるので、保険のジャンルが決まってきます。

保険のプロ10名が選んだ保険のジャンルランキングは、次のようなものでした。

1位は「収入保障保険」
2位は「定期保険」
3位は「就業不能保険」
4位は「医療保険」
5位は「がん保険」

と言う結果です。
これは『NEWよい保険・悪い保険2021年版』(徳間書店)の中に掲載している記事です(著者監修)。

では、次の項目から、細かくランキングを解説します。