はじめに

リゾートホテルが身近になりました。ここでいう身近さは、世間を賑わすGoToトラベルでこれまで縁の無かったホテルが手が届く意味での身近さではなく、ゲストニーズに応じて多様なスタイルのリゾートホテルが近年増加していることを指します。そうした意味で、今回紹介するホテルは新たなリゾートホテルステイの新たなスタイルを提案する施設といえます。出向いて良かった様々な個性派ホテルを紹介する本連載、今回は沖縄のリゾートホテルのレポートです。

※新型コロナ感染拡大の状況に鑑み、実際の利用に際しては最新情報など確認、対策などに留意しましょう。


ビジホで認知されてきた会社の格安リゾートホテル進出

ベッセルホテルズと聞いてピンと来る人はビジネスホテルマイスター!?かもしれません。ベッセルといえば全国各地へ目下展開中のビジネスホテルとして最近認知度を上げつつあります。そんなベッセルが2020年3月に沖縄北谷へ開業したのは「Lequ Okinawa ChatanSpa & Resort(レクー沖縄北谷スパ&リゾート)」というリゾートホテルでした。

これまで宿泊特化型タイプのホテルを展開してきた中で、ベッセルホテルズ初のリゾートホテルへのトライです。レクー沖縄北谷スパ&リゾートは、「ベッセルホテル」「ベッセルイン」「ベッセルホテルカンパーナ」「REF(レフ)」に続くベッセルホテルズで5つ目となるブランドのホテル。夕陽が美しいことで知られる沖縄本島中部の西海岸沿いに位置します。

いわゆる、豪華でお高いといったリゾートホテルのイメージではなく、気軽でリーズナブルに背伸びせず使えるホテルです。とはいえ、最上階には眼前に広がる海と夕陽を臨むインフィニティプールやプールラウンジを備えたスパを展開。また、地下1400mから汲み上げた天然温泉の大浴場も完備しておりサウナや水風呂も併設されています。客室はシック&モダンをテーマにしたリゾートスタイルで、テラス付き客室ではハンモックやデイベッドで風を感じながら過ごすことができます。