はじめに

ダイニングレストランを設けない“割り切り”

一般的にリゾートホテルといえば、ダイニングレストランがセットというイメージですが、レクー沖縄北谷スパ&リゾートが新しいのは“ダイニングレストランを持たない”という点。ホテルのある北谷町美浜フィッシャリーナ地区は、異国情緒溢れる街並みが特徴で、ショッピングやグルメ、マリンアクティビティ、美しいサンセットビーチなど、時間を忘れて楽しめる街全体が賑やかなリゾート。

街あってのホテルであり共存共栄という点も鑑み、ホテルから出て食事を楽しんでほしいという思いがベッセルにはあります。他方、テナントのコンビニエンスストアがホテルに直結しており簡単な飲食は気軽に手に入りますが、こうした点も使いやすいリゾートホテルホテルとしてのポイントのひとつです。

客室は24.4~54.7平米まで9タイプ229室のバリエーション。全客室にバルコニーが設置されています(全室禁煙)。ツインのシングルユースで約1万円からとお高いリゾートホテルのイメージはここにはありません(シーズンにより変動あり)。

ベッセルホテルズはビジネスホテル朝食への評価が非常に高いチェーン。そんな朝食クオリティはリゾートホテルでも堅持されています。「一日の始まりにわくわくするリゾートキッチン」をテーマに、大きなキッチンのような会場で楽しく作って食べる体験コーナーも充実しています。季節メニューをはじめ、沖縄でしか味わえないご当地グルメ(朝から泡盛のフリーフローも)、バラエティー豊富で厳選した和食・洋食メニューなど、多彩な朝食メニューが提供されています。