はじめに

11月にプロトタイプ試乗としてこのメディアでも紹介されたトヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」が12月9日に発表されました。価格や驚きの環境性能、そして走りに対するこだわりは新世代の高級車と言えそうです。


排出するのは“水”だけの究極のエコカー

2014年に世界初の量産燃料電池車(FCV)として発表されたのが初代MIRAI(以下ミライ)です。FCVは「Fuel Cell Vehicle」の略ですが、簡単に言えば酸素と水素が化学反応を起こすことで電気が発生。この電気でモーターを回し走行するのがFCV、一部搭載するリチウムイオンバッテリーにも充電され加速時にも活用します。モーターによる駆動ですから、FCVもEV(電気自動車)のひとつと考えても問題はありません。

酸素と水素が化学反応することで取り出した電気以外に発生するのは水蒸気のみです。つまり初代も含め、ミライは大気汚染の原因となる二酸化炭素(CO2)、窒素酸化物(NOx)、一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)、そして浮遊微粒子物質(PM)と呼ばれるものや有害物質などは一切排出されません。車外に排出されるのは“水”だけです。

初代は世界に先駆けての発売ということもあり、環境車であることをアピールするようなデザインでした。ただこれに関しては賛否もあり、やはり「まだFCVは特別なもの」という印象でした。