はじめに

今、私たちの働く環境はとても不安定で複雑なものになっています。そのような中私たちは、自分を生かすことのできる働き方を自ら獲得していくことが求められています。

「転職」とはまさにその象徴的な場面と言えるでしょう。転職の成功は「入社」ではなく、「転職後に充実した仕事をすること」です。しかし、環境が変わってすぐに成果を出すことは容易ではありません。多くの人が、うまくいかなくなってしまう「壁」に遭遇しています。

調査の結果、この「壁」には一定の共通点があることがわかりました。今回は、活躍するまでにぶつかる「壁」と、それを乗り越えるポイントをご紹介します。事前に知っておくと、わが身に起きたときに対処がしやすくなるかもしれません。


コロナ禍での転職環境はどうなっている?

ここ数年、転職者も中途採用企業の採用数も増加傾向にありました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で採用数が一定期間減少することが考えられるものの、人材獲得意欲は冷めることはないと予想されます。

その背景には、企業が構造的な人材不足解消や、DX化促進に迫られていることが挙げられます。このような企業側の変革意欲は、新型コロナウイルスによってむしろ加速していると言えるでしょう。

一方で、働く個人側の観点でいうと、先が見通せない環境下で今後に不安を感じる中、自身を見つめ直す時間・機会が増えたことから、転職活動を始めた人が増えてきています。

このように、企業・個人どちらの観点からみても、「変わりたい、質を上げたい」という意識が高まっています。転職で得た新しい機会を生かし、自ら活躍を引き寄せキャリアづくりに結び付けていくことは、今後強く私たちに求められることになるでしょう。