はじめに

コロナ禍で大儲けした人もいるのかもしれませんが、一般的には経済的に苦しくなっている人が増えている今、都内でひとり暮らしをしている女性の窮状を見聞きすることが多くなっています。


「ごめん。オレ、3ヶ月後に結婚するんだ」と恋人に言われて

「東京の大学に受かったとき、本当にほっとしました。これで私の人生が変わると思ったんです」

都内でひとり暮らしをしているアキさん(32歳)はそう言います。中国地方の小さな町で育った彼女は成績もよく、中学のころから東京の大学に行くと決めていました。

「とはいえ、うちはあまり裕福ではなかったので国公立ならいいと親に言われていて」

見事にその「国公立」のひとつに合格。上京して大学近くのアパートで暮らし始めました。アルバイトに学業にと精を出し、就職も希望の会社に決まり、彼女の人生は順風満帆に滑り出したのです。

ところが躓いたのは5年目、28歳のときでした。

「1年半くらい社内につきあっている人がいたんです。職場で変な噂がたつとお互いに嫌な思いをするから、『きちんと決まるまでは内緒にしておこう』と彼が言い出し、私たちの関係は秘密でした。ところがある日、彼が結婚するという話を同僚からい聞いて。まさかと思って彼に確認したら、『ごめん。3ヶ月後に結婚するんだ』って。はあ? って感じですよね。彼、婚約者がいたんです。まったく気づかなかったし、誰も知らなかったみたいです。彼に言わせると『周りが決めた結婚だから』と。相手の親はうちの会社ともつながりのある他社の重役だったらしいですが、今どき周りが無理強いするはずもない。彼自身が決めた話ですよ」

彼はアキさんに「オレたちの関係は変わらないよね」と笑いかけたといいます。そのとき、アキさんは決意を固めました。