はじめに

「人生の困難の9割はお金で解決できる」と言いきった人がいます。確かにそういう側面はあるかもしれません。苦しめられた親からの遺産で、自らの尊厳を取り戻し、人生を立て直そうとしている女性がいます。


息苦しい家庭で育ち、夫も厳格な人で

「どうしてあの人と結婚してしまったのか。当時は夫が息苦しい家庭から救ってくれるように思えたんですよね」

サトエさん(42歳)は、苦笑いをしながらそう言います。彼女は教師の両親のもと、ひとりっ子として育ちました。

「親はとにかく世間体を気にする人たちでした。特に母は教師として、やさしくて子ども思いと評判はよかったみたいですが、私に対しては『親のメンツをつぶすようなことはしないで』と常に言っていました。父方の祖母と同居していましたが、母と祖母は仲が悪かった。両親も決して夫婦として良好な関係ではなかった。私は誰にも心を開けないまま大きくなったのだと思います」

大学に進学して教師を目指しましたが、あるときふと「教師になりたいわけではない」と自分の本心に気づき、民間企業に就職しました。その時点で親から「あなたには絶望したわ」と言われました。それからは同じ家に住みながら、家族としてではなく同居しているだけという生活になりました。親とはほとんど会話がなかったのです。

「親は私をあきらめたんだとわかって、逆に少し気が楽になりました。その分、寂しかったけど」

そんなとき、会社の先輩とつきあうようになったのです。彼は4歳年上でした。

「彼には家の状況は言えませんでした。親に結婚したいと言ったら、あらそう、と。結局、結婚式はせずパーティだけ。父がちらっと顔を出しましたが、母は来ませんでした」

サトエさん自身も気持ちが晴れませんでした。

「当時から自分の気持ちに気づいていたんです。親から逃れるために結婚したいだけだと。だったらひとり暮らしをすればよかったのに、形だけでも庇護されていないと落ち着けなかったのは私の気持ちの弱さだと思います」

27歳で結婚、1年後には長女が、その2年後には長男が生まれました。彼女は専業主婦として家庭におさまりました。