はじめに

半世紀前の1971年、絹のような滑らかな走行フィールと美しいクーペスタイルで登場した3.0 CSL。
そして1976年に登場し「世界一美しいクーペ」と形容されるスタイルを持つ6シリーズ(E24型)以来、BMWが送り出すクーペには独特の世界観をもった魅力的なモデルが揃っています。そんな伝統あるBMWが放った新型クーペ、「BMW 4シリーズ クーペ」の高性能バージョン「BMW M440i xDrive」に乗ってみました。


王道のクーペだけに許された基本スタイルと美しいルーフライン

SUVを言い表すクロスオーバーという言葉ですが、最近では「二つの魅力を併せ持つ存在」といった言葉本来の使われ方を多く見ます。異なるジャンルのクルマ同士を融合させることで、新しい魅力を創造するという手法が流行っています。中でも目立つのは「セダンとクーペ」とか「SUVとクーペ」といったように、クーペとのクロスオーバーをアピールするクルマです。確かにクーペが持っているスポーティでカッコ良く、スタイリッシュな要素はひとつの魅力だと思います。

一方で、少しばかり意地悪な言い方をすれば、ジャンル不明瞭などっちつかず、ということにもなります。今となっては明確なジャンル分けなど不要ともいわれますが、それでも王道には王道ならではのカッコよさや使い勝手、そして納得のパフォーマンスがあるのです。

そこでクーペですが「低く、短く、幅広で、空気抵抗の少ない流麗なるルーフラインと2ドア」という基本スタイルがあります。これは速く走るための必然的なスタイルであると同時に、そのフロントからリアに向かってなだらかに連続する美しいルーフラインは王道のクーペだけに許された魅力なのです。背が高く、人も荷物も多く積み込むことを主眼とするSUVとは根本的に方向性が違っているわけです。

それも一因でしょうか、居住性もタイトで荷物も多くは積めない、というクーペは多目的に使えるSUVよりも人気薄になっていて、本格派を名乗るクーペは数も少なめ。国産メーカーの中ではトヨタ86/スバルBRZやスープラ、日産GT-RやフェアレディZ、レクサスRCやLCといったところでしょうか。中には「オタクっぽくてイヤ」とか「人から見下ろされているようでイヤ」という人までいます。クーペをカッコいい車の代表格として育ってきた筆者のようなおじさん世代にとっては、この現状に乗りきれないという人も多いはずです。

そんな中でもBMWは2シリーズ、4シリーズ、8シリーズにクーペをラインナップ。もちろん流行のSUVクーペとかセダンクーペもちゃんとあるのですが、王道もしっかりとラインアップしています。クーペ作りに上手さを見せてきた手腕を存分に発揮し、なんとも魅力的なクーペを揃えています。そして今回、上陸してきたばかりの「440i xDrive Coupe」を走らせました。