はじめに

全てにおいてアイサイトX一択で!

事前の期待も高まっていたこともあり、アイサイトXを搭載する「EX系」グレードは販売の90%以上を超えているそうです。

車両価格としてはこちらも機能が向上した「新アイサイト」搭載車より38万5000円高くなりますが、この中には前述したインフォテインメントシステムや緊急時に警察や消防への対応をサポートしてくれる専用通信機を持つ「SUBARU STARLINK」、さらに多彩な表示機能を持ちドライビングをサポートする12.3インチのフル液晶メーター、眠気や不注意などドライバーの目の動きから検知し警告してくれる「ドライバーモニタリングシステム」など数多くの先進機能を搭載しています。

素のレヴォーグも魅力的ですが、言い換えるとこの差額でこれだけの内容、先進運転支援システムが手に入るわけですから、多くの人がアイサイトXを搭載する「EX系」を選ぶ理由も納得です。価値ある38万5000円と言って間違いないでしょう。

またグレード選びに関しても基本は装備の充実度や価格とのバランスで「GT-H EX(370万7000円)」がイチ押しなのですが、実は最上位で価格差が38万5000円高となる「STIスポーツEX」にはぜひともディーラーでの試乗をオススメします。

レヴォーグインテリアはSTIスポーツのもの。11.2インチの大型ディスプレイの存在感が際立ちます

理由としては専用のエクステリア&本革シートを含めたインテリアはもちろんですが、新搭載の電子制御ダンパーとドライブモードセレクトが想像以上に素晴らしいことが試乗を通じて再認識しました。

特に5種類あるセッティングのうちの「コンフォート」モードのしっとりとした乗り味、高速道路における路面に吸い付くような感覚にすっかり魅了されてしまったからです。

これらのデバイスはともすればギミック的に最初だけ使ってあとはノーマル状態で終わってしまうケースが多いのですが、これはそれぞれのモードでの性格付けがハッキリしています。色々試して自分の好みでセッティングを記憶できる「インディビジュアル」モードで走るのが理想的と感じました。

最後にこれだけの先進運転支援システムを搭載して諸経費込みで500万円以下でまとめてきたレヴォーグ。単純にコスパが高い、というだけではなく、次の時代のモビリティに対し提案があるか、という点を前面に押し出したこと。筆者が日本カー・オブ・ザ・イヤーで最高点を付けた理由はここにもあるのです。

[PR]NISAやiDeCoの次は何やる?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。