はじめに

メルセデス・ベンツのビジネスのおけるコアモデルとも言える「Eクラス」が昨年9月にマイナーチェンジを行いました。ただその内容は“マイナー…”という表現が当てはまらないほど大きな進化を遂げています。さらに「ハイ、メルセデス」で一気に注目を集めたインフォテイメントシステムにも驚きのアップデートが施されていました。


フルモデルチェンジ並みの進化

世界累計1400万台以上の販売台数を誇るEクラスですが、現行モデルは2016年に日本でも販売を開始しました。

過去にも「マツダ車の年次改良」について書きましたが、輸入車の多くはまさにこれに当てはまることが多く、公式には「新型」という表記でマイナーチェンジとはほとんど言いません。

少々回りくどい話ですが、このような場合、我々のような仕事をしている書き手は「ビッグマイナーチェンジ」と呼ぶこともあります。

要はフルモデルチェンジまではいかなけど、外観や内装、エンジンや安全装備なども含め、大きくアップデートしたのが今回のEクラスなのです。

ひと目で違いがわかるスポーティな外観

大胆でありながら品のある「ヒヤシンスレッド」のボディカラーは20万7,000円のオプションです

エクステリアはヘッドライトの形状も含め大きく変わりました。昨今のメルセデス車共通の薄型ヘッドライトや下方向に向かって拡がるラジエターグリルやクローム仕上げのダイヤモンドグリルを採用しています。

この辺はお金をしっかり掛けている印象で、改良前のモデルを並べればその差は一目瞭然。特に今回試乗したグレードなどは「AMGラインエクステリア」が標準装備されているのでスポーティさは格段にアップしています。