はじめに

ハンバーガーチェーン「バーガーキング」は12月、期間限定となる新商品「プラントベースワッパー」を新発売しました。牛肉ではない大豆由来の100%植物性パティを使用したバーガーで、発売されるや否やネットでも話題になっています。

バーガーキングと言えば、ここのところ見た目よりも味で勝負した「アグリーバーガー」シリーズや正体不明の「ザ・フェイク・バーガー」、そしてバーガーキングの近所の物件を探せる物件情報サイト「BK TOWN ROOM」など、他のハンバーガーチェーンとは一線を画す企画力で勝負しています。

そうした攻め企画の先にある狙いとは一体何なのでしょうか。12月に行われたプレス向け試食会を取材しました。


コロナ禍でも売上好調

1954年にアメリカのフロリダ州に誕生したバーガーキング。ハンバーガーをカスタマイズして提供するアイデアを展開し、今では世界で2番目に大きなハンバーガーチェーンとなっています。

1993年に日本に初進出すると、その後は何度か撤退と再進出を繰り返して今に至ります。2020年12月1日現在で日本国内に102店舗、12月中には新たに9店舗の出店が控えるなど、他者のハンバーガーチェーンと比べると小さな規模ながら着実にサービスを拡大しています。

2020年はコロナ禍を追い風とし、売上は2020年11月単月で既存店ベース前年比13.2%増、全店ベース前年比22.5%増。年間売上推移も既存店ベース3.8%増、全店ベース22.8%増と好調。新規出店数は全国で25店舗にも及び、2021年以降もすでに全国41店舗の新規出店が計画されているそう。現在はコロナの影響もあり、都心ではなく都心郊外や地方への出店が続いています。