はじめに

時短料理にぴったりな優待

【日本水産(1332)】
明治時代から続く水産の老舗企業です。水産事業、食品事業が売上の2本柱。診断薬や機能性食品を製造販売するファイン事業、冷凍保管などに強みを持つ物流事業も展開しています。

画像は2020年3月31日の株式数1,000株以上の株主への優待品。今年度分は変更となる可能性があります

株主優待3,000円相当の自社商品
最低投資金額21万3,000円(2021/1/20時点)
権利付最終日3月29日

3,000円相当の自社商品がもらえます。企業WEBサイトのイメージ写真を見ると、普段のお料理に使いやすそうな缶詰や瓶詰、ソーセージ等が入っているようです。缶詰のアレンジレシピは検索するとたくさん出てきますし、時短料理にも役立ちますね。こちらは、500株保有が優待取得の条件となっていますのでご注意ください。

すき家やなか卯で使える!

【ゼンショーホールディングス(7550)】
牛丼店「すき家」を全国展開する外食チェーン大手です。このほか「なか卯」「ココス」「華屋与兵衛」「はま寿司」など複数の業態を運営しています。

株主優待自社グループで使用できる株主食事優待券500円相当×2枚
最低投資金額28万4,600円(2021/1/20時点)
権利付最終日3月29日

グループ店舗で使える株主食事優待券が1,000円相当もらえます。対象店舗は「すき家」「なか卯」等、たくさんありますので企業サイトの店舗検索で調べてみると良いでしょう。おひとり様ごはんやテイクアウトでも使いやすいので、コロナ禍でも重宝しそうな優待ですね。