はじめに

不動産投資には価格交渉がつきものです。物件を買う際、壮絶な値切りの駆け引きが行われることもあるようです。不動産投資家の束田光陽さんも、数々の価格交渉を経験してきた人物。過去2回にわたり、実際にあった物件Aの価格交渉エピソードを聞いてきました。今回の記事は、その完結編です。


物件Aの価格交渉もいよいよ大詰め。その結果は?

――全3記事にわたる価格交渉エピソードも、今回が最終回となります。事の発端は、580万円で売り出されていた関東近郊の“物件A”を束田さんが見つけたことでしたね。そして業者さんに500万円での購入を希望。やり取りの末、「510万円なら売ってもいい」と折衷案を提示されました。しかし束田さんはそれを断った。これが前回までのあらすじです。

はい。70万円値引きしてもらったのですが、私は買いませんでした。前回も話したように、不動産の価格交渉は譲歩しないのが理想です。一度500万円を希望したら、その金額以外では購入しないという意思を見せる。業者さんにも「500万円にならないならやめましょう。他の希望者に譲ってあげてください」と伝えました。

――完全に“あきらめ”の口調ですね。そう言われると「この人は500万円じゃないと買わないな」と思います。

業者さんも、おそらくそう感じたのではないでしょうか(笑)。ただ、交渉はこれで終わりませんでした。しばらく経って再度電話がきたんです。

――電話の内容はどんなものですか?

業者さんから「わかりました、500万円で売りましょう」と言われました。希望価格が通ったんですね。そうして購入に至ったんです。

――希望通りの価格まで値切れたということですか? 業者さんもなぜOKしたのでしょうか。

実は今回のやりとりにおいて、私は交渉を有利に進めるための要素、カードを切っていたんです。それがあったから、業者さんは値切りに応じてくれた。今回の価格交渉では、このカードの存在が大きなポイントでした。