はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、44歳、会社員の男性。両親の教育により、節約に囚われすぎてきたため、経験もスキルも乏しいのが悩みだといいます。自分を変えるには、どのようにお金を使えばいいのか知りたいとのこと。FPの秋山芳生氏がお答えします。

子どもの頃から両親に節約をするよう教育されていたのもあり、無駄遣いは極力しないよう生きてきました。しかし節約にばかり囚われていて世の中の人に比べて経験も無く、スキルも何もありません。仕事以外何もしていないので周りの人の会話にもついていけませんし悪循環だなとも感じています。現状を変えるにはいわゆるパーッとお金を使ってみるのが良いのかなとも考えますが、いざ使おうと思うと勿体ないと思ってしまいます。お金を使うということに対して考え方などを聞かせていただければと思い、相談しました。

【プロフィール】
・男性、44歳、会社員、未婚
・同居家族について:単身
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:20万7,000円
・ボーナスの有無:なし

【毎月の支出の内訳】
・毎月の世帯の支出の目安:11万5,000円
・住居費:6万5,000円
・食費:1万5,000円
・水道光熱費:8,000円
・通信費:4,000円
・車両費:1万円
・お小遣い:3,000円
・その他:1万円
・毎月の貯蓄額:9万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:0円
・現在の貯蓄総額:1,300万円
・現在の投資総額:1,400万円
・現在の負債総額:0円

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼、FP YouTuberの秋山芳生です。家計を拝見しましたが、確かに節約はしっかりと出来ているようですね。貯蓄もしっかりできていますし、支出の改善ポイントはほとんどありません。

食費は1万5,000円と非常に少なく抑えられています。自炊により工夫ができているのであれば良いですが、健康こそが最大の資産ですので、栄養があるものを食べるなど別の意味で意識して頂ければと思います。水道光熱費は8,000円とのことですが、電気やガスはより安いところを選ぶことで少しだけ下げられる可能性もありますね。

保険は0円ですが、独身ですし医療費分の貯蓄もあるので問題ないでしょう。通信費も4,000円ですが、格安携帯であればもう少し下げられる可能性もあります。もしWi-fiも含めてこの金額であればかなり安い状態と思います。ということで、ほぼ支出は問題無い状態です。

ここから、ご相談内容のお金の使い方について一緒に考えていきたいと思います。