はじめに

「ロンサムカウボーイ」などというと、70年代後半にパイオニアから登場し、80年代前半に名優ウォーレン・オーツを起用したコマーシャルなどで話題となったカーオーディオ、「LONESOME CAR-BOY」を思い出す人がいるかも知れません。しかし、今回はそちらではなく、アメリカンバイクに跨がってツーリングに出掛けたいという話題です。


「インディアン」と「ハーレーダビッドソン」

「ロンサムカウボーイ」という、おじさん達にとっては少しばかり懐かしく感じる言葉です。ここで「ロンサム」という単語の意味をみると、寂しいとか孤独など、少々ネガティブな印象の和訳が多くなります。一方で「孤高」とか「至高」といったイメージを抱くこともあり、今回は、こちらの意味で使っています。

「他の人や物とかかわりを持たずに単独でいる様子」からは、ある種のかっこよさを感じます。この言葉を敢えて持ってきた理由はそこにあります。西部開拓時代の猛者であるカウボーイが愛馬に跨がり、果てしない荒野を一人で駆け抜ける。広大なアメリカ大陸を旅するその勇姿から、孤高のライダーへの憧れを思い起こし、さらにはこの世界を覆う閉塞感から、少しでも早く抜け出してツーリング旅に出掛けられるようになりたいという願いも込めてみたのです。

そしてここで重要になってくるアイテムといえば、やはりアメリカンバイクということになります。世界中のメーカーには日本のメーカーだけでなく、欧州メーカーにも“アメリカン”というカテゴリーのバイクが数多くラインナップされています。

そんな中で注目すべきブランドといえば「インディアン」と「ハーレーダビッドソン(以下、ハーレー)」でしょう。すでにアメリカ文化への憧れなどない、という世代が多くなっていることも理解していますが、この2大ブランドがもっている本場物ならではの圧倒的な存在感は、いまも十分に魅力的です。

インディアン「チーフボバーダークホース」

アメリカン・モーターサイクルとして最も古い歴史を持つインディアン、そして圧倒的に高い知名度を誇るハーレーダビッドソン。ここには憧れを抱くにふさわしい魅力的な2021年モデルがズラリと揃っています。そんな中から気になるモデルを少しピックアップしてみました。