家計簿の使い方から資産運用の考え方、みんなのリアルなお金管理術を紹介!<PR>

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、58歳、会社経営者の男性。会社経営も順風満帆で収入も安定している相談者。引退する予定はなく、節約するよりも稼ぎたい気持ちが強いと言いますが……。FPの横山光昭氏がお答えします。

58歳、従業員3名の自営業が少々大きくなった程度の会社を経営しています。個人事業から法人成りしたのは10年ほど前。従業員を雇いはじめた当時は収入も少なく、暮らしも大変でしたが、社会保険に入ることができましたし、収入も増え、老後は明るいと思っています。子ども2人の大学費用も負担でき、間もなく次男も巣立つ予定です。

仕事は年々売上を伸ばし、役員報酬も増えています。世間的には定年となる60歳を過ぎても、引退する気持ちもなく、今の暮らしを維持できる自信があります。ですから、あまり貯金はしてこなかったのですが、今になって妻が老後の暮らしが非常に不安だと話すようになりました。

数年前に自宅兼事務所を立て、そのローンがまだ17年残っています。また、独立資金として父親に借りたお金も毎月返済しています。その支払い負担の心配もあるのでしょうし、老後2,000万円問題や、年金が減るという話もありましたから、貯金額だけを見ると不安になったのだと思います。

年金を受給しても貯金が少なく、支払いが多いという点で不安なのだろうと思っているのですが、自分は節約してお金を貯めるのなら稼いで貯めたほうがよいと思っているので、今一つ頑張って支出を減らそうとも思えません。やはり稼ぐだけではお金は貯まらず、老後暮らせなくなってしまうものなのでしょうか。

【相談者プロフィール】
・男性、58歳、会社経営
・妻(55歳・会社手伝い)、次男(21歳・大学4年生)
・毎月の手取り収入:75万4,000円
・ボーナス:なし
・貯金:約380万円
・住宅ローン残金:6,200万円
・毎月の支出の目安:74万9000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(住宅ローン):28万円
・食費 :10万9,000 円
・水道光熱費: 3万1,000円
・通信費:1万9,000 円
・生命保険料:4万1,000円
・日用品代:7,000円
・医療費:5,000円
・教育費:2万3,000円
・交通費:1万円
・被服費:3万7,000円
・交際費:1万5,000円
・娯楽費:2万6,000円
・こづかい(次男へ): 4万円
・その他: 3万6,000円
・父への返済:7万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ