【SDGs】コオロギ食から世界の電気自動車(EV)まで、今注目のエコトレンドを特集!

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は27歳、会社員の女性。遠距離恋愛中の彼と結婚を考えている相談者。彼の手取り月収は12万で、相談者が彼の地元に引っ越した場合、収入は20万程度になる見込み。結婚生活は成り立つのでしょうか。FPの鈴木さや子氏がお答えします。

手取り月収12万の彼と結婚したいのですが、2人で余裕をもって暮らしていくには毎月トータルでどれくらい収入があればいいでしょうか。私自身も働いており、毎月26〜28万手取り収入がありますが、遠距離中の彼のところへ行くと、収入が下がってしまいます。2022年に同棲予定。

彼は地方の正社員4年目。給料14万5,000円、手取り約12万円、ボーナスは5カ月分・トータル65万、毎年5,000円ずつ昇給予定。

毎月の支出は、実家住みのため家に2万、定期貯金2万、車両代2万、携帯1万(仕事の関係もあり3台分、格安携帯は考えていない)、交際費1万5,000円、出張時の出費5,000円、ガソリン代5,000円(休みの日しか自分の車に乗らないためこの金額。車は必須の地域のため今後も使用)。

年間支出は、車の保険5万、車税4万5,000円、タバコや酒はのまず、服や車にお金をかけることはありません。子どもは今のところ考えていませんが、結婚して、欲しいと考えが変わる可能性も考慮。ペットはおらず、のちのちには小型犬を1匹飼いたいと思っていますが、収入を考えると諦めざるをえないかと思っている。

2人ともそれぞれ、ふるさと納税はしています。つみたてNISAなどに興味はありますが、実行はしていません。

彼も貯金がトータル200万ほどありますが、同棲資金、結婚資金を考えると2人の貯金はすぐになくなると思っています。結婚式はしない予定だが、国内旅行はしたいです。彼のいる地方に行くと、車が必須と言われていますが、私は公共機関で通勤できるよう考えています。専門職のため、転職しても20万は稼ぐことができそうです。

【相談者プロフィール】
・女性、27歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:26〜28万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:60〜70万円
・毎月の世帯の支出の目安:15〜17万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:5万,000円
・食費:3万円〜3万5,000円
・水道光熱費:2万円
・通信費:4,000円
・お小遣い:3万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:60万円
・現在の貯蓄総額:310万円
・現在の投資総額:楽天証券で毎月500円
・現在の負債総額:0万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ