はじめに

コロナ禍により、大学生の就職活動は大きく変化しました。説明会、面接がオンラインに転じられるなど、学生・企業双方ともに手探りで行わざるを得ないのが現状です。

新卒採用サイト「あさがくナビ(朝日学情ナビ)」は、コロナ禍における就職活動についての学生アンケートの結果を発表しました。今の学生が抱える就職活動の苦労が見えるとともに、一般社会人にとっても、「これからの仕事」ではどんなことが重要視されるのかが感じられる結果でした。


2022年卒・文理別の人気企業ランキング

まず、この春から本格的な就職活動を行う2022年卒の学生では、どんな企業が人気なのかを見ていきましょう。

shushoku_02

文理ともに、誰もが知っている大手企業がズラリと名を連ねています。
特筆すべきは理系のトップ50に「食品メーカー」が16社、さらに「IT・ソフトウェアメーカー」が7社もランクインしたこと。特に「食品メーカー」はトップ10のうち7社が占めており、コロナ禍でも消費者からの強い支持があったことで、学生にとって魅力的に映っているように感じられました。

文系では、「商社」の伊藤忠が前年に続きトップに。前年度では10位以下だった講談社、集英社といった「マスコミ」がトップ5に食い込んでいます。さらに、前年度では46位だった「スーパー・流通・百貨店」のイオンが6位に、同じく前年度では56位だった「アパレル・専門店」のニトリが26位に人気を上げています。

トップの伊藤忠は安定した人気があることは言わずもがなですが、以下の動向を見ると、インドアでも楽しめる商材を展開する「マスコミ」や「おうち時間」を支える企業の人気が上昇している点は、やはり昨年から今年にかけてのコロナ禍の影響が反映されているようです。

shushoku_03